siritu3
私立3:東京都の大学(継続中)(野島明:インターネット評論家)

(注)以下は「私立1」のページ。

北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県

(注)以下は 「私立2」のページです。

京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県
愛媛県 高知県 福岡県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 長崎県 沖縄県


<東京都> 大学 青山学院大学(不可) 使い勝手が悪い。学部ごとに異なった形式でてんでんばらばらにHPを制作している。   全体としては大きなHPであろうが、内容は貧弱。掲示板なし。先生のHP見あたらず。 蔵書検索可。   経済情報データベース検索は「経済学部が保有する経済関連情報リソースを検索します。  検索機能は青山学院所属者のみご利用できます。」とは了見が狭い。   シラバスなし。文学部だけは過去二年間(98.99年)の入試問題を載せている。   正解を載せてあれば大変評価できるところだが、もちろん正解は載せていない。     全学部共通形式で、行き来のしやすいHPにしなくては。有名大学だけに期待はずれ。    慶応・早稲田のHPとは、比較するのも論外の出来。十分機能しているとは思えない。 (99/8/27)   亜細亜大学(論外) 教学課のページはHPの機能を全く無視したお間抜けページの典型。 機能していないことが一目で分かる。画像は要らないんですよ(時間のかかること)。 要は機能なんです。ただ、学生向けの掲示板はないので、どうせ機能していないのなら どうでもいいか。 先生のHPもちらほら。栗原孝のHPは機能しているかに見える。  蔵書検索は図書館内の「蔵書目録端末機」だけ。シラバスなんかもちろんない。   もっと機能を!(99/8/28)   大妻女子大学(論外) top pageだけでお飾りHPであることが予感できる。果たして予感が当たるか。    top pageに、表示されるまでたっぷり時間のかかるきれいな画像なんて要らないんですよ。    何にも無し。学生掲示板無し。先生のHPなし。図書館のページ無し。シラバス当然なし。    予想は見事に当たり。最も質の悪いHPの一つ。(99/8/29)   桜美林大学(論外) 小さいのものであるにせよ、top pageに画像が多すぎる。 なんとこの状態はtop pageに限らなかった。リンクページでも同じ。 例えば「文学部英語英米文学科」(「経済学部経済学科」も同じデザインのページ)の ページにも余計な(と思われる)画像がある。時間がかかったわけだ。 もちろん内容は乏しい。    何にも無し。学生掲示板無し、先生のHPなし。シラバス無し。有益なリンク無し。           図書館のページでは蔵書検索は出来ない変わりに、こんなのがあった。 「盗難防止のため、図書館入館には学生証または職員証の提示を求めます。」   HPは機能である、という大原則が無視されている。 「ベネッセの調査で桜美林大学が「国際度」1位!」こんな能書きも空しい。   見た目は綺麗だが、無用のHP。(99/8/29)  学習院大学(不可) お粗末。「法学科科目履修表」を開くと、画像の履修表が現れる! あらゆるページに無用な画像。文学部史学研究科のtop pageは画像で一杯。 内容の予測は付く。 全体としてお粗末なHPだが、歴史関係のリンクは使えそう。    充実した「教員の紹介ページ」は良い企画。    何も無し。学生掲示板無し。先生のHP見あたらず(ゼミのHPはちらほら)。 蔵書検索は「CDロム検索ー学内のみ」。シラバス無し。    名のある大学だが、お粗末極まるHP。機能している様子は見あたらず。 何でこんな事になってしまうのか。(99/8/29) 学習院女子大学 北里大学(論外) 大学のtop pageの画像はさほど大きなものではないな、と安心していたら、 薬学部のtop pageにはドデカイ画像。これで内容の予測は付く。 蔵書検索は、幾つかある図書館ごとの検索。一括検索は出来ないのか。蔵書は貧弱。    何も無し。学生掲示板無し。先生のHP見あたらず。シラバスなし。「back to top」 のリンクが足りないのはここでも同じ。    機能している様子は無し。予想通りのお粗末さ。(99/8/29) 共立薬科大学 国立音楽大学 慶應義塾大学(良:99/9/25) top pageの画像はもう少し小さくてもいいのではないか。重い。   塾長挨拶がないのは素晴らしい。   「What's new」のページは画像なし。ために大変軽くて見やすい。   「塾生(在学生)のための情報」のページの画像は大きすぎる。当然重い。工夫の余地あり。    内容は感心しない。「学生向け掲示板」といえるページはない。種々の利用案内の羅列。 top pageへのリンクがない。「to gakuji top page」というリンクの代わりに、   「to keio top page」というリンクを置くべきである。   「慶應義塾大学文学部」のページにある画像を用いた各専攻紹介は余分。   「文字による学科表示」もできるようになっており、これだけで十分。 各専攻を説明するページに飛ぶと、工夫のないレイアウトで活字が並ぶ。   教員紹介も貧弱。先生のHPが見あたらない。   ただし、学部長挨拶がないのは立派。   慶應義塾大学経済学部のページにはback to topのリンクなし。戻れない。   「indexに戻る」というリンクはあるが。         「ドイツ文学専攻」のtop pageには大き過ぎる画像。内容貧弱。back to topのリンクなし。    Descartes(415件、雑誌1件)、Joseph Joubert(10件)、Edmund Wilson(70件)    満足のいく蔵書。先生のHP多数。    全学的シラバスは見つけられなかった(ないのであれば、早急に作製して欲しい)。    一部学科、個人のシラバスはあり。機能しているHP、という印象。(99/8/25)        図書館資料検索システム から大学のtop pageに戻れない。    図書館の画像は大きすぎる。    どうしても載せたいのならもっと小さなものを。    リンクは画像を動かすJAVAで作られているが、文字データだけのtableで十分だ。    リンク先には重い画像はなく、軽く表示される。    「窓口利用案内」のテーブルは横に長すぎる。スクロールが必要だ。もっと横のサイズを小さく。   「学生生活」のページ中の「生活に役立つ情報」には「最高2万円を限度に短期貸付を    行っています」とある。嬉しい情報だ。    無駄な画像が多すぎる。backのリンクが足りない。    十分機能している「学生向け掲示板」はここでも見られない。もう少しの工夫だ。    図書館の充実は何ものにも代え難く、素晴らしい。  恵泉女学園大学 工学院大学(不可) シラバスはともかくせめて履修科目表くらいは欲しい。    研究室紹介のページには先生のHPに加えて、院生の紹介もあって楽しい。    図書館にはつながらなかった。(システムがよくないという可能性もある。) (99/8/29) 国学院大学 国際基督教大学 国士舘大学 駒澤大学 実践女子大学 芝浦工業大学 順天堂大学 上智大学(可)top pageのレイアウトは分かりやすくていい。top page から移動した先のページも        top pageと同じレイアウト。この当たり前の設計は秀逸(他大学の大方のHPの設計が        お粗末と言う方が適切なんだろうが)。 「上智大学通信」は情報豊富でいいページ。        蔵書検索可。蔵書は期待していたほど豊富でないという印象(Rene Descartesと Joseph Joubertを検索。前者の洋書は27冊。後者は洋書はゼロ。)。        図書館関連のリンクは充実。学生掲示板なし。シラバスなし。 先生のHPは見あたらず。教員紹介のページはあるが。<99/8/31) 昭和大学 昭和女子大学 昭和薬科大学 杉野女子大学 成蹊大学 成城大学 聖心女子大学 清泉女子大学 専修大学 創価大学(診断中) TOP PAGE(日本語ページ)は軽やか。JAVAを利用した動く小さな画像があるが、表示は早い。    メニューは見やすい。   学部紹介は内容貧弱。「工学部」のページでは教員紹介が成されているが、教員のHPは見あ たらない。  「6つの研究所、7つの研究センター」があるとのことだが、「システム科学研究所」のページ しかない。   「生命科学研究所」は表示されない。どんな研究所があり、どんな研究をしているのか、などは   HPにいは欠かせないコンテンツの筈なんだが。   経済学部の「神立研究室のホームページ」には   大正大学 大東文化大学 高千穂商科大学 拓殖大学 多摩大学 玉川大学 中央大学(保留:99/9/25)    TOP PAGEの画像は小さく、表示は軽やか。   「9月24日から10月初めまで、機材メンテナンスのため、「見えるデータベース」、    大学受験生むけ「オンライン資料請求」両サービスを停止させていただきます。ご了承下さい。」    とあるので、出直すことにする。(99/9/25)   津田塾大学 帝京大学 東海大学(論外:99/9/25)    top pageにあるリンクはすべて画像。表示されるまでは何も出来ず、ただ待つだけ。    内容の見当はつく。期待は出来まい。さて、どうか。    一つ目のリンクページ、「大学要覧」にあるリンクもすべて画像。    表示されるまでは何も出来ず、ただ待つだけ。    【忠告】文字で十分です。画像は邪魔なだけです。    「大学要覧」には案の定「学長からのメッセージ」がある。誰も学長のメッセージなど 読みたくないんです。    工夫のないレイアウトで文字がびっしり。その上、ここにも大きな画像。あまり時間が かかるので、    退散しようかと思った。何の画像かと思えば、さあ、何でしょう....?な、な、 なんと!!!学長の写真。 ホームページが何のための道具であるか、全く理解していないんですね。    カリキュラムのページがなかなか表示されない。立派な画像があるようです。    待つこと数分、全く無意味な写真が姿を現した。(当方、ISDNです、もちろん)    中身は空っぽ。「●文学部 文明学科 英語スピーキング/ライティング 英語リーデ ィング/リスニング     史学科 日本史学専攻 英語スピーキング/ライティング 英語リーディング/リスニ ング....」    こんな調子で、科目が羅列されるだけ。           これ以上は見ないことにした。時間の無駄だ。    図書館だけ調べようとしたが、何処にあるんでしょう?分かりませんでした。           評価以前のページ。初めの予想が見事に当たった。根本から作り直す必要がある。    そのためには、HPとは何のためのものであるか、考え直さねばならない。       東京家政大学 東京家政学院大学 東京経済大学 東京工科大学 東京工芸大学 東京女子大学 東京女子医科大学 東京電機大学 東京農業大学 東京理科大学(良) シラバス完備。現時点では珍しい。蔵書検索可。 ただ、検索ページはもっと見やすく、使いやすく、すっきりと出来るはず。   研究室紹介は良い企画。ページの表示が早いのは秀逸。学生のHPが充実。   先生のHPが見あたらなかったのは寂しい。学生掲示板無し。この点の充実を図って 欲しい。(99/8/29) 東邦大学 桐朋学園大学 東洋大学 二松学舎大学 日本大学 日本歯科大学 日本女子大学 文化女子大学 法政大学 武蔵大学 武蔵工業大学 武蔵野女子大学 明治大学(可)(惜しい。あと少しで良なんだが。) top pageは簡素でいい、と思っていたら、   「総合案内」のページの筆頭にあるのが、「学長メッセージ」!!!???    この感覚はどうにかして欲しい。一般企業のHPにでかでかと「社長ご挨拶」がある    のと同じ、ということに何故気がつかないのか。    top pageからのリンクがお粗末。政治経済学部の内容を知りたいとき、何回クリックが   必要か。うまくやれば二回のクリックで住むが、うまくやれば、の話しだ。   設置学部の紹介は最も重要な情報の一つである。top pageの「総合案内」と 「明治大学の教育・研究」という二つのリンクから学部に行けるのだが、 訳の分からない見出しだ。    なぜ「学部案内」とか「学部紹介」というリンクを置かないのか。    政治経済学部のページのリンクのトップは「読み解け、複雑な世界を!」。何かと思えば、  「学部長挨拶」で、見ずらいバックに文字がびっしり。   「政経学部の八コース」のページにあるリンクから飛べるページには、「現代政治学コース    について」をはじめとして、合計八つの「…コースについて」の文字による説明が、     工夫のないレイアウトでびっしり。    先生のHPはちらほら。岡野加穂留のHPには少しは役立ちそうなリンクページがある。   (リンク情報が大切な情報であることはこれまでも述べてきた。)    後藤昭八郎HPのリンクページは工事中。機能していると感じられるページなのに残念。   「法学部アラカルト」のページに「学部の特色」「カリキュラム概要」「法学部アラカルト」     など、文字のびっしり詰まったページが満載。結果的に何にもないページ。    文字を並べたいならば、レイアウトの工夫を!   「文学部」の「文学部スケジュール」と「休講情報」は工事中。九月三日時点で前者が 工事中なのは残念。 「休講情報」は点数の高い情報。今の時期では「工事中」でも仕方がないか。    11専攻の紹介は貧弱。「試験レポート情報」のページがあった。    文学部に、先生のHPは見あたらず。    理工学部のtop pageの画像は無駄。    理工学部、久保田寿夫のHPのリンク集はそれなりに使えそう。  「商品陳列館」「刑事博物館」のページの陳列商品一覧が画像になっている。   「考古学博物館」では「考古学年表」が大きな画像。いずれも無駄な画像だ。文字で十分。    蔵書検索可。「お待たせしました」とあるので、最近できあがったもののようだ。 使いやすい。    Rene Descartesは和書、洋書併せて、93件、大したことはない。Joseph Joubertは    洋書2件、和書1件(和書は紙の書物の形では一件しかないはずだからこれがすべて)。   (ついでに、拙訳のデジタルブック『ジューベール:箴言と省察』が99年3月に    刊行されました。digbook.comをご覧下さい。)    図書館のページにあるリンク集は充実。     学生向け掲示板は文学部にそれらしきものがあるだけ。シラバスなし。       top pageへのリンクがまずまず完備しているのは大変に素晴らしい。    (こんな事を誉めねばならないほど、当たり前のことが出来ていないHPが多いという 現実!)     工夫の余地が大いにあるHP。大いに工夫したところで大した作業ではない。 頭を使うだけだ。     ちょっと頭を使うだけでずっと素晴らしいHPになるのだが。(99/9/3)  明治学院大学(可)top pageは画像も小さく、簡潔。   「明治学院の歴史と沿革」のページにある「学長挨拶」がトップでないのは嬉しい。    学長挨拶は短く、文字のレイアウトにも工夫がある。    学部のページはない。学科ごとのページである。     英文学科のトップページにある大きな画像は無用。    「アメリカ文学教員」の教員紹介ページ、「イギリス文学ゼミ」のゼミ紹介ページは一部、     テーブルの幅を狭く設定したままになっていた。確認をしていないということだ。    何時になったら直るか。(99/9/4) 教員紹介の内容は貧弱。先生のHPは外国人の先生のHPを二つだけ見つけた。     英文学科のページにはいるとそのtop pageにしか戻れない。   「学部学科案内」のページには戻れない。    フランス文学科のtop pageの下の方には文字がびっしり。 先生紹介の内容は比較的充実しているが、せっかく先生専用ページ(一応HPだ)が    あるのに、機能している様子はない。単なる張り紙。    仏文ページのtopには「このホームヘージは試運転版です。これから着々と充実して ゆきます。お楽しみに。(1997.06.10)」とある。二年以上経っている。     こりゃ、だめだ。二年以上経過しても内容貧弱。ここでもリンクが不足している。 「学部学科案内」のページにも、大学のtop pageにも戻れない。お粗末。     文学部芸術学科、文学部心理学科のページはなし。    経済学部 のtop pageで一番面白そうなリンク「目安箱」が工事中。残念なことだ。     トップリンクは「学部長挨拶」。最低。 教員紹介は貧弱だが、「経済学部」「大学」のtop pageへのリンクはしっかりある。 でもリンクだけではね。先生のHPはあるが、少ない。 「明治学院大学産業経済研究所の年報」のページがあるので期待したら、     各号の目次だけ。論文本文も載せなさい。 「経済学部からのお知らせ」には「1999年度 経済学部演習履修予定者 選考日程」だけ。     無いよりましだが、もう少しこの種のページを活用して欲しい。 付属研究機関は色々あるが、独自のページはない。残念なことだ。 「大学行事案内」のぺージに「キャンパス情報掲示板」があるが、内容は緊急学内集会    「日の丸・君が代・そして明治学院」「開発と女性−先住民族女性の自立(エンパワーメント)」    といった講演会などの情報が主。日々の学生生活に関わる掲示板ではない。     「入学試験情報」のトップページにはどでかい画像。これはおろそかにはできない欠陥。だめだ。    直ちに補修すべき。初めてアクセスする人が多いと予想されるページに大きな画像をおく    ことの意味を全く考えていない。HPの機能というものを考えていない、ということだ。    「教務課」のページ中の面白そうなリンク、「休講情報('99.4月運用開始)」    「在学生のためのページ(試験運用中)」「教務FAQs」(内容は大したことはない)    「学生部【現在準備中です】」、いずれも不十分。着眼点はいいが完成していない。残念。    「情報センター」「学生相談センター」もある。置き場所も悪い。工夫が足りない。     図書館のページには「朝日新聞記事検索が使いやすくなりました(1999.7.1.) 端末の限定 がなくなり、学内ならばどこからでも使えます。」とあり、その他「雑誌検索」も可能    なようだ。    蔵書検索は使いやすい。 Rene Descartesは和洋書合計で108件(充実しているとは言えない)。     Joseph Joubertなし。寂しい。    「ねびゅらす / 明治学院大学大学院英文学専攻(『ねびゅらす会』改め)明治学院大学    大学院英語英文学会」も見出しだけ。    努力しているが、HPをどう利用したらいいのか、その基本的な考えが定まっていない。 HPをどう利用すべきなのか、HPで何が出来るかが分からないのである。    努力の跡は見られのだが。       シラバス無し。先生のHP少なし。学生向け掲示板に該当するページの多くが準備中。 リンク集の内容不十分。戻るためのリンク不備。     明治大学のHPと同じ感想になるが、さほどの手間をかけなくても、少し頭を使うだけで    ずっと素晴らしいHPができあがるはず。  明治薬科大学 明星大学 立教大学(論外:99/9/25)     top pageを見た感じでは期待できそうである。画像は控え目、どこに何があるのか大変 分かりやすい。     やや大きな文字とテーブル(文字だけ、これで十分であることの好例)を利用して表示 している。     期待を裏切らないで欲しい。    トップページの一番下にあるカウンターの表示が「1」(1999年8月1日〜)にな っている。    カウンターに不具合が生じているようです。(実はこんなのは大した問題ではない。)    でも、web master!早く修理した方がいいと思います。(99/9/26)    もう一つ緊急に修理して欲しい箇所。「立教大学の最新情報が知りたい! 最新情報」 をクリックすると、    左側の小さいフレーム(ドラッグで大きくできるが、そんな使い方はしないのが常識) に「最新情報」    が表示されてしまう。その結果、左側のフレームの中に表示されていた色々なメニューが    姿を消したままになってしまう。左側のフレームないのback homeのリンクをクリックすると、    そのフレーム内にtop page全体が現れる。結構恥ずかしい間違いのような気がする。動作 の確認が足りません。    リンクの付け方が間違ってます。    この件を大学にお知らせしようと思う。メールを出そうとと思ってあちこち探し、ポスト がなかなか見つからず、    左側のフレーム内の「最新情報」のページを見ると、一番下に、郵便受けの画像と、 「お問い合わせ」文字がある。    これがポストであろうと思ったら、リンクがない。メールのリンクを忘れてますよ。     これだけ不具合が連続すると、印象は次第に悪くなる。     教務部のページに「※このホームページに関するお問い合わせは、下記にお願いいたし ます。     立教大学教務センター(TEL:03-3985-2230) 」とあって、メールアドレスのリンクがない。     電話しろということか。このページからtop pageに戻る(back homeのリンクを利用して)と、 右側のフレーム内に、top page全体が表示される。めちゃくちゃな状態。    評価以前の問題で、ホームページ巡りそのものが出来ない状態になっている。      ポストもない。「Last Modified : Tue Sep. 21,1999」とある。     メールは出せない。メールなど利用していないということだろう。   予想は外れてしまった。自分の目を疑うほどのお粗末さ。こんなことがあるのだろうか。 あった。(99/9/25) フレーム内の相互リンクの不具合は、いい加減もう直っているだろうと思い、再訪。何 と、相変わらずだった。 このHPがまったく生きていない(活用されていない=死んでいる)ことの何よりの証。 (99/10/9) 立正大学 和光大学 早稲田大学(再評価中)    必要にして十分な情報が手にはいる。掲示板あり(家庭教師募集なども。但し部外者 は見られない。)。    蔵書検索可(かなりのシステム)。    Descartes、171件(プラトンの『国家』もデカルト関連で検出される。確かに関連はあるが。) 171件が一覧表示されるようにして欲しいものだ。一度に表示されるのは最大12件。    当方のやり方が違っていなければ、だが。Joseph Joubert、3件。Edmund Wilson、36件。    これで判断する限り、蔵書豊かとはお世辞にもいえない。ページの動きは軽くて良い。    蔵書検索のページに back to top のリンクがない。基本なのだが。    タスクバーの「戻る」ではtop pageまでなかなか戻れないことも多いのに。(99/9/25)    学術データベースは嬉しい。一部の学部(第一文学部)はシラバスあり。 先生のHPは見あたらなかった。      今はパソコンさえあれば大学で迷子になることはない。(99/8/27) 短期大学 青葉学園短期大学 青山学院女子短期大学 亜細亜大学短期大学部 跡見学園女子大学短期大学部 桜美林短期大学 大妻女子大学短期大学部 嘉悦女子短期大学 恵泉女学園短期大学 国士舘短期大学 駒澤短期大学 産能短期大学 実践女子短期大学 淑徳短期大学 昭和女子大学短期大学部 文京女子短期大学 女子栄養短期大学 女子美術短期大学 白梅学園短期大学 杉野女子大学短期大学部 成城大学短期大学部 創価女子短期大学 拓殖短期大学 玉川学園女子短期大学 中央商科短期大学 帝京大学短期大学 戸板女子短期大学 東海大学短期大学部 東京家政学院短期大学 東京家政大学短期大学部 東京経済大学短期大学部 東京女学館短期大学 東京女子医科大学看護短期大学 東京電機大学短期大学 東京農業大学短期大学部 東邦大学医療短期大学 東洋大学短期大学 東横学園女子短期大学 日本大学短期大学部 富士短期大学 明治大学短期大学 立教女学院短期大学 ページのトップ
「HP診断」に戻る top pageに戻る