『方丈記』

ゆく川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみにうかぶうた
かたは、かつ消えかつ結びてひさしくとゞまることなし。世の中にある人とす
みかと、またかくのごとし。玉しきの都のうちに棟をならべ、いらかをあらそ
へる、たかきいやしき人のすまひは、世々をへて盡きせぬものなれど、これを
まことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞやけてことしはつくり、
あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。ところもかはらず、
人もおほかれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたり
なり。あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知
らず、うまれ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、
かりのやどり、誰が爲にか心をなやまし、何によりてか目をよろこばしむる。
そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことなら
ず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花しぼみ
て、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。
 
「読む楽しみ」に戻る  top pageに戻る