『源氏物語』

                  「桐壺」の冒頭部


いづれの御時にか、女御更衣あまたさぶらひたまひける中に、いとやむごと
なき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。

はじめより「我は」と思ひあがりたまへる御方々、めざましきものにおとし
めそねみたまふ。同じほど、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。
朝夕の宮仕につけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふつもりにやありけ
ん、いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ「あかず
あはれなるもの」に思ほして、人のそしりをもえ憚らせたまはず、世の例に
もなりぬべき御もてなしなり。

上達部上人なども、あいなく目をそばめつゝ、いとまばゆき人の御おぼえな
り、唐土にも、かかる事の起りにこそ、世も乱れあしかりけれ、と、やうや
う、天の下にも、あぢきなう人のもてなやみぐさになりて、楊貴妃の例も引
き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心
ばへのたぐひなきを頼みにてまじらひたまふ。

父の大納言は亡くなりて、母北の方なむ、いにしへの人のよしあるにて、親
うち具し、さしあたりて世のおぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、
何ごとの儀式をももてなしたまひけれど、取りたてて、はかばかしき後見し
なければ、事ある時は、なほ拠りどころなく心細げなり。

前の世にも、御契りや深かりけん、世になくきよらなる玉の男皇子さへ生ま
れたまひぬ。いつしかと心もとながらせたまひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、
めづらかなるちごの御容貌なり。

一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなきまうけの君と、
世にもてかしづききこゆれど、この御にほひには並びたまふべくもあらざり
ければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、わたくしものに
思ほしかしづきたまふこと限りなし。

母君、はじめよりおしなべての上宮仕したまふべき際にはあらざりき。おぼ
えいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせたまふあまり
に、さるべき御遊びのをりをり、なにごとにもゆゑある事のふしぶしには、
まづ参う上らせたまふ、ある時には大殿篭りすぐして、やがてさぶらはせた
まひなど、あながちに御前去らずもてなさせたまひしほどに、おのづから軽
き方にも見えしを、この皇子生まれたまひて後は、いと心ことに思ほしおき
てたれば、坊にも、ようせずは、この皇子のゐたまふべきなめりと、一の皇
子の女御は思し疑へり。人よりさきに参りたまひて、やむごとなき御思ひな
べてならず、皇女たちなどもおはしませば、この御方の御諌めをのみぞ、な
ほわづらはしう、心苦しう思ひきこえさせたまひける。

かしこき御蔭をば頼みきこえながら、おとしめ、疵を求めたまふ人は多く、
わが身はか弱く、ものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし
たまふ。御局は桐壼なり。

 ページのトップ 

「読む楽しみ」に戻る    top pageに戻る