パチンコ街道をゆく
野島明のpachinko実戦記

《行きつけの店》
1.地元A…回転数、当たり回数表示なし。データロボ無し。無制限、等価交換になった。
2.地元P…回転数、当たり回数表示あり。データロボあり。無制限。等価交換。
3.横浜P…回転数、当たり回数表示あり。データロボ無し。無制限。2.5円。

2000年10月の収支
現金マイナス:九万九千五百円。タバコ、約11500円分プラス。

2000年10月の戦績

すっきりした(10/05) すっきりし過ぎ(10/6)
こんなもんだろう(10/12) 気楽に『CR海物語』(10/13)
こんなことやってていいんだろうか(10/19) 大勝ちは難しい(10/20)
時にあること(10/21) 夕方ちょっと気分転換(10/23)
納得できない(10/26) 信じられない(10/30)


  2000年10月5日(木)(すっきりした)

  2時前、横浜のP。比較的新しい台「笑ウせえるすまん」のシマを選ぶ。当たり回数,前日16回,前々日18回,当日ゼロ,回転数221の台から。

277回転まで打って止め。回らない。3500円で56回転。
【確認】この台の初あたりは329回転、単発。その後もときおり単発という外れ台だった。

二台目:「笑ウせえるすまん」。当日当り4回,188回転の台。総回転数は450回ほど。勝ち逃げの直後だ。

1回目:205回転、カウンターリーチ、駄目かと思ったら喪黒福三が登場して当り。再抽選外れ、確変ならず。1000円。

2回目:44回転、カウンターリーチ、喪黒福三が登場して当り。再抽選当り、確変。期待した。

3回目:24回転で当たり。再抽選はなし。6の単発。二連チャン。駄目かもしれない。

あっという間に出玉を呑まれた。516回転。更に二千円つぎ込む。芳しくないので、556回転で止め。
【確認】この台の次の当たりは、1133回転(!)、単発。

三台目:「CR海物語」。前日13回,前々日12回,当日当り10回,413回転の台。そこそこ回ったがいいリーチが来ないので513回転で止め。5千円。

四台目:「笑ウせえるすまん」。当日当り15回,264回転の台。よく回った。

4回目:998回転!カウンターリーチで当たり。再抽選外れ。単発。《目が点》状態だった。

5回目はとうとう来なかった。1000回転ハマッたら、目途は次の100回転だ。さっぱりだった。

235回転で出玉切れ。

436回転まで打った。なんというざまであることか。終わっていた台だった。合掌。


  当たり回数を数えるのも空しい。現金35000円マイナス。タバコ2個。8時前に尻尾を巻いて退散。すっきり大負けした。

ページのトップ

  2000年10月6日(金)(すっきりし過ぎ)

  12時過ぎ、地元のA。この店が等価交換になってから初めて。「コマ道楽」のシマを選ぶ。当たり回数,当日ゼロ(当日のデータしか分からない),回転数219の台から。

301回転まで打って止め。四千円で82回転。無制限だからまずまずなんだろうが。
【確認】この台の初あたりは380回転ほど、単発。その後も単発という外れ台。

二台目:隣の台に移る。「コマ道楽」。当日当り0回,0回転の台。201回まで。
【確認】この台は帰る時間(7時過ぎ)になっても当っていなかった。600回転くらいだった。

三台目:隣の台に移る。「コマ道楽」。当日当り1回,128回転の台。182回まで。
【確認】187回転で確変当り。この客が計9回当てた。この台が今日の正解だった。しかし、そんな事がどうやったら予め分かるというのか。

四台目:背面の「寿司屋の大将」。当日当り5回,253回転の台。362回まで。
【確認】その後、数回出ていた。この台を打っていたら、トントンくらいに収まったかもしれない。

五台目:隣の台に移る。「寿司屋の大将」。当日当り0回,111回転の台。

1回目:130回転、1で当り、再抽選も1、確変。

2回目:123回転、時間がかかった。案の定。12で当り、再抽選は2、外れ。二連チャンで終わり。

3回目:75回転で当たり。6から3、確変。

4回目:61回転で当たり。12ら2、外れ。またも二連ちゃん。優秀台の出方ではない。

いくら打ってもリーチがスーパーに発展せず。205回転で止め。移動が自由なので隣の台に移る。
【確認】この台は帰る時間になっても当らず。

五台目:「寿司屋の大将」。当日当り0回,362回転の台。415回転で止め。

六台目:「寿司屋の大将」。当日当り0回,153回転の台。415回転で止め。

七台目:「寿司屋の大将」。当日当り2回,266回転の台。

5回目:386回転で当たり。12から2、再抽選外れ。

154回転まで打ってまた移動。

八台目:「寿司屋の大将」。当日当り9回,110回転の台。5箱位持っていった台。

6回目:355回転で当たり。6から11、確変。出玉をすべてつぎ込み、5千円使っていた。それでも残りの玉数は20玉ほどだった。

7回目:25回転で当たり。4から1、確変。

8回目:13回転で当たり。10から4、再抽選外れ。3連チャン。

リーチがかかっても全く発展しなくなった。それまでとは様変わりだった。252回転で止め。

九台目:「コマ道楽」。当日当り8回,268回転の台。これも5箱位持っていった台。 449回転で出玉切れ。終わり。いいリーチがきたが外れた。終わっていた台ということだ。

それにしても、皆さん、止め時が見事だ。別の言い方をすると、等価交換になった今、一日の当り回数が10回くらいの台でもほどほどの台ということだ。2.5円交換の時と同じ攻め方ではうまく行かないかもしれない。今日も合掌。


  現金30000円マイナス。タバコ1個。7時前にまたも尻尾を巻いて退散。財布がすっきりし過ぎだ。

ページのトップ

  2000年10月12日(木)(こんなもんだろう)

  2時過ぎ、横浜のP。「笑ウせえるすまん」のシマを選ぶ。当たり回数,当日5回、回転数164の台から。

1回目:215回転(座ってから51回転)、リーチ予告から10で当り、確変。二千円。ほどほどに回る機械。

2回目:119回転、時間がかかった。案の定。9で当り、再抽選はなし、外れ。二連チャンで終わり。

306回転まで。近頃の感じとして、300回転を超えると、その先の予測はつかないような気がしている。500〜600回転くらいのちょっとしたハマリは当たり前


  交換。1275発。タバコを12個に菓子少々+千円。こんなもんだ。3時半過ぎ。

ページのトップ

  2000年10月13日(金)(気楽に『CR海物語』)

  12時半過ぎ、地元のA。「CR海物語」のシマを選ぶ。メモの用意を忘れた。当たり回数,当日0回、回転数720超の台から。

一台目、880回転ほどで止め。適当に回りはするものの、リーチが全く発展しない。こんな台は打つものではないことは分かってはいるはずなんだが。「CR海物語」、隣の台に移る。

【確認】この台の初あたりは1500回転超。それからぱらぱらと8回当たったのを確認した。

二台目、当日当りゼロ回、120回転ほどの台。180回転ほどの時、魚群のダブルリーチを外した。あまり間をおかず魚群リーチが来ることもある。

1回目:200回転超で当り、確変。魚群リーチから。

2回目、外れ。二連チャン。この後全く当る様子なし。180回転ほどで止め。一箱分(約2000発)つぎ込んだ。二連チャンの台に期待は持てない。

三台目、当日当り16回、180回転ほどの台。

3回目:880回転ほどで当り。、持ち玉をすべてつぎ込んでも全く足りず、だいぶ金を使ってしまった。ダブルリーチが一端停止、再始動で当り。確変。700回転もまわしてしまった。もっと早く当ると思ったのだが。

4回目、確変。二連チャン。

5回目、外れ。三連チャンまで。まずまず。

6回目、81回転。ダブルリーチが一端停止、再始動で当り。確変。

7回目、確変。

8回目、外れ。三連チャン。

30回転くらいで、魚群渦潮リーチを外した。これが運のつき。以後、魚群リーチなどもちろんなし。380回転も回してしまった。少し粘りすぎだ。当りが来そうな雰囲気なし。ただ、この台はこの日の優秀台だった。合計当り回数22回。


  交換。三箱。6045発。24000円。タバコを三個。マイナス1万1千円。6時過ぎ。

ページのトップ

  2000年10月19日(木)(こんなことやってていいんだろうか)

  1時半過ぎ、横浜のP。「笑ウせえるすまん」のシマを選ぶ。7・8台のデータを見た末、当たり回数,当日3回(前日11回、前々日4回)、回転数47の台から。

一台目、252回転で止め。隣の台に移る。

【確認】800回転超でまだ当っていないのを確認した。

二台目、当日当りゼロ回(前日19回、前々日16回)、121回転の台。159回転まで。隣の台に移る。

三台目、当日当り4回(前日5回、前々日3回)、678回転の台。714回転まで。こんなハマリ台は打つべきではないんだ。

【確認】これも延々出ていなかった。

四台目、シマを変えた。「ハクション大魔王」の空いたばかりの台。当日当り10回(前日12回、前々日20回)、28回転の台。当るか外れるか。226回転まで。

【確認】帰る時点(7時半過ぎ)で当り11回だった。外れ台だった。

五台目、シマを変えた。「THUNDERBIRDS」。当日当り5回、105回転の台。165回転まで。隣に移った。

【確認】800回転超で確変当り、ほぼ七連チャンしていた。ここまで、台の選択はまずかったが、引き際は確かだった。

六台目、当日当り10回(前日9回、前々日22回)、111回転の台。当るか外れるか。

1回目:253回転で当り、9→11、確変

2回目、138回転。9→1、外れ。二連チャンはやばい。

3回目:110回転で当り。、9→12、確変

4回目、36回転、4→8、外れ。二連チャン。

5回目、8回転。2→11、確変。数珠連だ。

6回目、7回転。6→1、外れ。実質的には四連チャン。3回確変で当りながら、すべて二連チャン。

7回目、148回転、8→4、外れ。単発。

8回目、261回転、9→3、確変。253回転を目安にしていたので、止める寸前だった。

9回目、10回転。3→3、確変。二連チャン。

10回目、197回転。7→7、確変。三連チャン。

11回目、2回転。1→6、外れ。四連チャン。まずまずだ。

336回転まで。300回転が目安だったが、こんなものだろう。この台はこの日の優秀台の方だろう。合計当り回数11回。


  交換。7箱弱。15150発。35000円。タバコを14個。菓子少々。プラス4千円(3万1千円使ったということだ。使いすぎだ。こんなことをやってていいのか)。7時半過ぎ。

ページのトップ

  2000年10月20日(金)(大勝ちは難しい)

  11時半過ぎ、地元のP。「CR海物語」のシマを選ぶ。端から打つ。まず当たり回数,当日ゼロ回、回転数0の台から。

一台目、32回転まで。二千円。隣に移る。

【確認】帰る時点で700回転超、未だ当りは来ず。

二台目、当日当りゼロ回、0回転の台。92回転まで。5千円。隣の台に移る。

【確認】帰る時点で288回転超、当りゼロ回。

三台目、当日当りゼロ回、26回転の台。

1回目、107回転、魚群ダブルリーチ、5で当り、確変。

2回目、106回転、1と9のダブルリーチ、9で当り。確変。二連チャン

3回目、75回転、魚群渦潮リーチ、8で当って再抽選。9、確変。三連チャン。ここまで伸びると期待が持てる。

4回目、64回転、3のノーマルリーチ、当たり。9、確変。四連チャン

5回目、2回転、ダブルリーチ、お約束の2で当たり。五連チャン。一応これが上限のはずだ。

6回目、234回転。魚群ダブルリーチ、1で当り、確変。200回転以内には当るのではないかと思っていたので、やや長引いたという印象。

7回目、49回転。魚群ダブルリーチ、7で当り、確変。二連チャン

8回目、19回転、ノーマルダブルリーチ、1で当たり。確変。三連チャン。優秀台の可能性あり。

9回目、20回転。魚群ダブルリーチ、1で当り、確変。四連チャン。確変の当りが二回とも五連チャンとは素晴らしい。

10回目、48回転、ノーマルダブルリーチ、何と3で当った。確変。五連チャン。これは約束違反ではないのか。

11回目、64回転、魚群ダブルリーチ、9で当り、また確変。六連チャン

12回目、7回転、4のさんご礁リーチ、当り。ようやく終わった。七連チャンだ。ここまでは間違いなく優秀台。

13回目、何とたった11回転。3のノーマルリーチが一端停止して当り。確変。数珠連だ。

14回目、49回転、7のノーマルリーチが当り。確変。二連チャン

15回目、57回転、8の魚群さんご礁リーチ、再抽選なし。三連チャンで終わり。ただし、実質的な10連チャン。立派なものだ。

16回目、78回転、8の渦潮リーチ、一端停止して当り。再抽選なし。単発。そろそろ先が見えてきたかもしれない。

17回目、259回転、魚群ダブルリーチ、6で当り。またも単発。限界が近いという感じだ。

リーチ目が変わっていた。好調の波の間、偶数目のリーチが殆どなかったことに思い至った。今や、偶数目のリーチが増えていた。

317回転で2の魚群渦潮リーチを外した。371回転まで。引き際だ。あと一山くればプラス10万を軽く上回りはするだろうが、これ以上望むのは贅沢というものだ。700〜800回転を覚悟すれば当りは見込めるが、それが単発である可能性も大いにある。粘る価値があるかどうか難しいところだ。等価交換ということを考えれば、この台は優秀台と言っていいだろう。合計当り回数17回。

好調時と比べると何かが変わってしまうのである。10回ほど連続して当りを出した客たちの引き際の見事さを何度となく感じていたが、出そうな気がしなくなるほど、リーチの出現の頻度とその展開が変化するということだ。素人だからこそ、その辺りの変化を実感するのだろう。


  交換。12箱。22000発。箱が小さいのだ。87000円。タバコを二個。つまみ少々。プラス七万五千円(一万二千円使った)。5時半過ぎ。

ページのトップ

  2000年10月21日(土)(時にあること)

  11時半過ぎ、地元のA。土日は込む。仕方なく「コマ道楽」の空き台を選ぶ。当たり回数,当日ゼロ(当日のデータしか分からない),回転数464。

500回転まで。二千円で36回転。厳しい。まともなリーチもこれくらい回しただけでは当然なし。
【確認】この台の初あたりは700回転超、確変。三連チャンくらいしたようだったが、それきり。外れ台だった。

二台目:「寿司屋の大将」の空き台に移る。当日当り0回、357回転の台。478回転まで。六千円。リーチが全く発展しなかった。とはいえ、この機種の特性を掴んでいるわけではない。勘で止めたに過ぎない。
【確認】この台は程なく当った。500回転前後だったろう。四連チャンの後も、適当に出ていた。当り8回まで確認した。当りゼロ回の台では、700回転を超えるハマリ台は、機種にもよるが、そうそうないことを思い出すべきだった。この台は粘るべきだった。

三台目:「寿司屋の大将」の空き台。当日当り4回、87回転の台。143回まで。三千五百円。このくらい当っている台のハマリの深さの予想はつかない。
【確認】程なく当っていた。四連チャンを確認。この台を止めたのは仕方なかった。

四台目:別のシマの見たこともない機種、「愛してオーレ」。当日当りゼロ回、914回転の台。953回転まで。スーパーリーチらしきものが三度出現したが外れた。勘で止めた。
【確認】程なく(1000回転前後)で単発の当りを確認。

五台目:「寿司屋の大将」の空き台。当日当り8回、325回転の台。一番危ない台だった。

1回目:674回転、2で当り、再抽選は10、外れ。スーパーリーチをさんざ外した末のことだ。粘るべきではない台で粘ってしまった。言い換えると、ハマッタということだ。当り8回、回転数325、打つべき台ではなかった。後の祭り。

119回転まで打って移動。当然100回転以内が目安だった。

六台目:「海物語」の空き台。当日当り7回、126回転の台。当り2回の時点で空いていたが、座りそこねた台。座った客が5連チャンを引いて帰った台。

369回転まで。回らない台だった。

一日中、外れを選んで打っていた。こんな日もある。

ある程度勝った日の翌日、お大臣にでもなった気分で万札をパッキーカードに換えまくる。時にあることだ。この日、やるべきことを放り出してパチンコを打ったのにはわけがありはするが、些か野放図だった。


  現金四万五千円マイナス。6時過ぎ、シリーズ第一戦に間に合う時間に帰宅。

ページのトップ

  2000年10月23日(月)(夕方ちょっと気分転換)

  4時過ぎ、地元のA。「海物語」の空き台。当たり回数,当日ゼロ、回転数454。

902回転まで。ダブルリーチ極めて少なく、魚群一度もなし。マリンちゃんリーチは二度だけ。ほぼ完璧なハマリ台。しかも回りもよくなかった。750回転前後で当るという見当だったのだが。甘かった。二万三千円。
【確認】帰る時点で987回転、当たっていなかった。

二台目:「海物語」の空き台に移る。当日当り8回、426回転の台。497回転まで。5千円。ダブルリーチが全くなし。

三台目:「寿司屋の大将」の空き台。当日当り0回、635回転の台。スーパーリーチはたった一度きり。798回転まで。九千円。

外れ台ばかり、しかもハマリ台を打ってしまった。こんな日も時々ある。

金のかかる気分転換だった。


  当りゼロ回。現金三万七千マイナス。6時過ぎ、シリーズ第三戦に間に合う時間に帰宅。

ページのトップ

  2000年10月26日(木)(納得できない)

  2時過ぎ、横浜のP。

一台目「笑ウせえるすまん」の空き台。当たり回数当日ゼロ回、回転数154。166回転まで。全く回らない。別の空き台に移る。

【確認】延々と当らなかった台。帰りしな見たら、箱を二つほど積んでいたが、打ち続けられるわけもない台だった。見切った判断は適切。

二台目、当日当り1回、477回転の台。544回転まで。移動。

【確認】全くの外れ台だった。

三台目、「CR海物語」、当日当り9回、414回転の台。回ったり、回らなかったりという台。ダブルリーチが極めて少なく、全く発展しなかった。偶数リーチも目立った。ハマリの状態だった。750回転を目安にしていた。魚群も現れず。

1回目、706回転、8の魚群さんご礁リーチ、当り。だめだ。147回転まで。殆ど一箱使っていた。

【確認】214回転で単発。そこから152回転で7(確変)から3連チャン。その後もちらほら出てはいたが、既に殆ど終わっていた台だった。

4台目、「カニえもん」、当日当り9回(前日8回、前々日19回)、810回転。「CR海物語」を打つか、これにしようか迷っていた台だった。その時点では580回転ほどだった。

2回目、946回転、1で当り、再抽選。確変。一応は良しとする。ハマッた後単発では期待は持てない。

3回目、203回転、かなり手間取った。2で当り、再抽選で確変。二連チャン。どこまで伸びるか。

4回目、59回転、8で当って再抽選は外れ。三連チャン。まずまずとしなくては。

5回目、184回転。イカで当り、再抽選は外れ。単発。ほどほどに回っていたから一箱は使わなかった。

6回目、129回転。6で当り、再抽選は外れ。またも単発。さらに単発が続くようでは危ない。

7回目、115回転、クラゲで当り、再抽選で確変。期待が持てる。

8回目、止めうちをすると玉はわずかながら増える。面倒だが止めうちをした。60回転。イカで当り、確変。二連チャン

9回目、51回転、5で当り、確変。三連チャン

10回目、あっという間の6回転、3で当り、再抽選は外れ。四連チャン。いいところだ。

11回目、スーパーリーチが続いた。このまま外しつづけるとまずいと思ってはいたが、51回転、7で当り、確変。殆ど数珠連。

12回目、たった8回転。6でて当り、確変二連チャン

13回目、32回転、イカでが当り、再抽選外れ。ここまで実質的には七連チャン

様子が変わってきた。当りが続いている時にはあまり意識しないのだが、それまでは背景が回転する予告がことごとくリーチになり、すべて発展した。背景の回転からリーチになることが極めて少なくなっていた。数字が大きくなって発展するリーチも、当る可能性のない途中段階までしか発展しなくなった。限界というところなのだ。

302回転まで打った。一箱と少し。止め時だった。ハマリの深さの見当はつかない。500回転くらいで済むかもしれないし、1000回転前後かもしれない。ここまででこの台の総当り回数は21回。この日のほどほどの台だった。

この日の当り回数12回。


  交換。7箱。約一万七千発。4万円。タバコを11個。プラス一万四千五百円(二万五千五百円使った。少し使いすぎなのだ。つぎ込んだ金額には納得できない)。7時半過ぎ。

ページのトップ

  2000年10月30日(月)(信じられない)

  4時過ぎ、地元のA。

一台目「海物語」の空き台。当たり回数当日6回、回転数877。967回転まで。ダブルリーチは泡なしが一回だけ、偶数リーチが目障り。泡立たず。スペシャルゼロ。

【確認】1160回転でまだ当っていなかった。

二台目、「フルーツパッション」で遊んでしまった。当日当り14回(大当たりと小当り合わせての数字だ)、54回転の台。60回転で小当たり。その後、デジタルが殆ど回らず。二千円で4回という体たらく。移動。

【確認】小当たりだったのが運のつき。

三台目、「コマ道楽」、当日当りゼロ回、374回転の台。50回転ほど回したあたりで、ダブル予告(障子の開閉と数字の拡大)からのリーチを外したのが、重要な予兆だったのかもしれないが、この機種の知識は殆どない。ほどほどにスペシャルリーチが出現したため、打ちつづけた。700回転(750回転ほどを一つの目安にしていた)を越えたあたりから、スペシャルリーチの性質が悪くなった。やがて回らなくなり、リーチも払底。はまり状態だった。798回転まで。なんというざまだ。

四台目、「寿司屋の大将」、当日当り2回、31回転の台。96回転まで。あたりそうもないスペシャルリーチが二回。

この日の当り回数ゼロ回。


  あっという間のマイナス3万4千円。完璧な負け。信じられない、と言いたいところだが、稀なことじゃない。6時過ぎ。

ページのトップ

  

 

top pageに戻る  「pachinko街道をゆく」のtop pageに戻る