パチンコ街道をゆく
野島明のpachinko実戦記

《行きつけの店》
1.地元A…回転数、当たり回数表示なし。データロボ無し。ラッキーナンバー制。2.5円。
2.地元P…回転数、当たり回数表示あり。データロボあり。無制限。等価交換。
3.横浜P…回転数、当たり回数表示あり。データロボ無し。無制限。2.5円。

【閑話休題】: 地元A店と地元P店の客付き

1999年9月の収支
  現金、マイナス二万八千五百円

6,7,8月の店別収支

1999年9月の戦績

何と言えばいいか(99/9/7)


6,7,8月の店別収支

  反省を込めてこれまでを見直してみる。データがあればこそ出来ることだ。相性がいいのはどの店なのか。
5/30(A)+50000
6/4 (A)-23000
6/6 (A)+15000
6/8 (A)+52000
6/11(A)+8000
6/13(A)-82000
6/15(YP)+99000
6/18(A)+48500
6/20(A)-36000
6/22(YP)-53000
6/25(A)-35000
6/25(P)+66500
6/27(P)-7000
6/28(P)-6000
6/29(YP)-13000
/
/
/
/
/
/
/
/
7/2(A)-2500
7/4(P)-54500
7/6(YP)+6000
7/7(柏P)-11000
7/9(A)-62000
7/10(A)-29000
7/11(A)+0
7/12(YP)+59500
7/13(A)-15000
7/13(P)-9000
7/14(YP)+5500
7/16(YP)-1000
7/18(P)-20000
7/19(P)-58500
7/20(YP)-25000
7/21(P)-22500
7/22(YP)-36000
7/23(P)-31000
7/25(P)-40000
7/27(YP)-9000
7/29(P)+9500
7/30(P)+17000
7/31(P)+18000
8/1(P)+1000
8/3(P)-1000
8/5(P)-35500
8/6(P)-66500
8/10(P)-17000
8/12(P)+6500
8/13(P)-31500
8/14(P)-29000
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
プラスの日金額マイナスの日金額
地元A5回+1735007回-222500
地元P6回+11850015回-429000
横浜P4回+1700006回-137000

明白だ。 

ページのトップ

【閑話休題 : A店とP店の客入り】
  P店は一度つぶれて、代変わりをした。店名も変わった。P店がつぶれるにはそれ相応の理由があった。最大の理由は無制限規定の朝令暮改であったと思う。データロボを導入してから会員を募り、当初は来店ポイント5点で無制限権利を与えられた。理由は分からないが、やがて5ポイントでの無制限権利が突如廃止となり、それと同時に、それまで確変は一律無制限であったのが、確変ナンバーの一部だけが無制限となり、その埋め合わせのためか、日替わりの無制限ナンバーを機種ごとに定めることになった。それに、人気のあったアレジンの撤去も重なった。客足が見る見る遠のき、平日の昼間は店員の数の方が多いという体たらくとなった。

  このところ、A店の客足がかなり落ちている。一時期のP店に似てきたな、と思うことがある。A店の常連の顔をP店で見かけることが多くなった。この日、日曜日、A店には空き台も目立ったが、P店はほぼ満席だった。データのある店とない店で出玉が極端に異なれば、出玉で店を選ぶことになるが、極端な差が見られなければ、データのある店を選びたくなる。客付きが悪くなると台の回転数が落ち、出玉の差となって跳ね返ってくる。店の盛衰に偶然はない、と考えたい。  【閑話休題】了  

ページのトップ
  99年9月7日(火)(何と言えばいいか:マイナス二万八千五百円)

12時過ぎ、横浜のP。モンスターのシマ。
1台目.20回転、当たりゼロの台。リーチは多くはないが程々。ただし全くお化けがでない。84回転まで。二千五百円。

【確認】218回転でドラキュラ、二連チャンを呑まれていた。

2台目.4回転、当たりゼロの台。13回転( 座ってから9回転)で、お化けのコマ送りリーチ、6、動かず。単発。五百円。
 この後リーチが極端に少なくなった。止めたいところだった。208回転で玉切れ。玉切れの少し前から回らなくなった。状態が変化したかと期待した。
 さらに千円投資。リーチは相変わらず来ない。228回転まで。

【確認】帰る時点で491回転、当たり一回のまま。

3台目.203回転、当たり七回の台。時短中に当たったのを含めて七連チャンの台。350回転が目安。
 258回転(座ってから55回転)で1のお化けのコマ送りリーチ、当たり。動かず。単発。二千五百円
 215回転で玉切れ。
 6のお化けの蹴っ飛ばしリーチを外す。普通絵柄のこのリーチの外れは余りいい兆候ではない。350回転を過ぎて、どうしようか考えていたら、連続ビュンビュンが来た。三連続ビュンビュンでリーチかからず。おまけの(保留ランプは三つ点灯していただけだった)ビュンビュン(連続四回目)でもリーチはかからず。これであきらめがついた。360回転まで。

【確認】帰る時点で477回転、当たり八回のまま。

4台目.117回転、当たり十九回の台。
 CRあっぱれ応援団Z2の狙っていた台を寸前でとられたので、箱をたっぷり積んでいた(多分十九連チャンといえる勢いで出たようだ)の台を打ってみようと思った。時短終了後すぐに止めたはずだ。20回目がすぐ来れば、あの「大爆発中」の表示にお目にかかれるかも、と期待したわけだ。
 初めの三千円でリーチが一回だけ。5のリーチだったので期待があったが、お化けは現れず。
 その後、2のお化けのコマ送りリーチを外したが、さほど落胆しなかった。座ってから200回転を超えた当たりで、一時、リーチが増えたが、すぐにリーチが極端に少なくなり、とうとう508回転まで打ってしまった。リーチがかからない。

【確認】狙っていた応援団は五連チャンしていた。 


当たり、単発二回、収支、マイナス二万八千五百円。

単発が二回続いたところで、思い切りよく退くべきだったか…。繰り言だ。

ページのトップ

top pageに戻る  「pachinko街道をゆく」のtop pageに戻る