パチンコ街道をゆく
野島明のpachinko実戦記

《行きつけの店》
1.地元A…回転数、当たり回数表示なし。データロボ無し。ラッキーナンバー制。2.5円。
2.地元P…回転数、当たり回数表示あり。データロボあり。無制限。等価交換。
3.横浜P…回転数、当たり回数表示あり。データロボ無し。無制限。2.5円。

【閑話休題】: 地元A店と地元P店の客付き

1999年8月前半の収支
  現金、マイナス十七万三千円 : 煙草、二千二百四十円

 
台を知り、店を知り、己を知れば、百戦危うからず、か?

1999年8月前半の戦績

まあ、なんて手堅いパチンコ(8/1/Sun) いやさらに自戒(8/3/Tue)
こんなはず、もある(8/5/Thu) 疲労感がある(8/6/Fri)
負けた(8/10/Tue) 納得!(8/12/Thu)
何でこうなるの(8/13/Fri) ………!(8/14/Sat)


台を知り、店を知り、己を知れば、百戦危うからず、か?

  七月の大敗には、そうなるだけの要因があったことは、七月の実戦記を読んでいただければ、どなたにもお分かりいただけるはずだ。パチンコ好きの見果てぬ夢は、朝一から連チャンを引いて、終日さほどハマルこともなしに快適な当たりを続け、箱を二十〜三十箱積んで、宵をいささか回った頃、鼻歌混じりのスキップを心の中では踏みつつ家路を辿ることかもしれない。
  パチンコファンを堪能させてくれるそんな台に朝から座れると期待するのは運を頼むことでしかない。毎日朝からパチンコ屋に顔を出しても、一ヶ月に一度そんな台に座れればよしとしなくてはなるまい。金に不自由のない隠居の身でもあればまだしも、普通のパチンコ好きには到底叶わない遊び方である。
  遊び続けるための必須要件は負けが込まないことだ。負けが込まないようにするには、台を知り、店を知り、己を知ること、これに尽きる。これが八月の心構えである。さて、どんな結果が待ち受けていることやら。乞う、ご期待。

  99年8月1日(日)  野島明

ページのトップ

  99年8月1日(日)(まあ、なんて手堅いパチンコ:プラス一千円)

  5時半過ぎ、地元のP。(地元のAを除いてみはした。久しぶりに箱を積んでいる客が多かった。が、やろうという気持ちにはならない。データがないのが唯一最大の理由である。)見て回ったのはモンスターの台だけ。

【閑話休題 : A店とP店の客入り】
  P店は一度つぶれて、代変わりをした。店名も変わった。P店がつぶれるにはそれ相応の理由があった。最大の理由は無制限規定の朝令暮改であったと思う。データロボを導入してから会員を募り、当初は来店ポイント5点で無制限権利を与えられた。理由は分からないが、やがて5ポイントでの無制限権利が突如廃止となり、それと同時に、それまで確変は一律無制限であったのが、確変ナンバーの一部だけが無制限となり、その埋め合わせのためか、日替わりの無制限ナンバーを機種ごとに定めることになった。それに、人気のあったアレジンの撤去も重なった。客足が見る見る遠のき、平日の昼間は店員の数の方が多いという体たらくとなった。
  このところ、A店の客足がかなり落ちている。一時期のP店に似てきたな、と思うことがある。A店の常連の顔をP店で見かけることが多くなった。この日、日曜日、A店には空き台も目立ったが、P店はほぼ満席だった。データのある店とない店で出玉が極端に異なれば、出玉で店を選ぶことになるが、極端な差が見られなければ、データのある店を選びたくなる。客付きが悪くなると台の回転数が落ち、出玉の差となって跳ね返ってくる。店の盛衰に偶然はない、と考えたい。  【閑話休題】了  ページのトップ

  モンスターの空き台が数台。350回転、当たり15回の台と986回転、当たり6回の台から後者を選択。ただ、この台は前日40回以上当たった台。

【確認】店を出る時点で、前者は約700回転超、未だ当たらず。
 
1台目.986回転から1078回転(座ってから92回転)まで。回らないがリーチ目は絶望的なほどではなかった。ただ、当たってもさほど伸びないのでは、という予感を感じた。六千円投資。移動。
  右隣の1088回転、当たり4回の台が空いたのが最大の理由。三台並んで1000回転以上ハマッていた。対面にはもう一台1000回転超の台(モンスター)があった。全体的に渋かった。こんな日朝から打ったらひどい目に遭うのは目に見えている。

【確認】この台の当たりは1129回転で8の単発。その後、57回転で8→1。このはずれは決定的だった。すぐ隣りで見ていて、確変が当たるようだと移動が裏目になると思っていた。だが単発二回は焦りを誘う状況ではなかった。

2台目.この台は、前日の夜、十三連チャンしていた。千円で20回転弱回った。まずまず。リーチは悪くなかったが、リーチの数は悲しくなるほど乏しかった。救いはビュンビュンとよく鳴ることだった。右隣が全く同じ回転数のハマリだった。ただし、そちらのこの日の当たりは6回。

一回目.1088回転〜1340回転(座ってから252回転)、魔女のお化けのけっ飛ばしリーチが当たり。一応ビュンビュンリーチ(一回目)だった。一万三千円。合計一万九千円。
二回目.33回転、お化けのけっ飛ばしリーチ、6→ドラキュラ。二連チャン。
三回目.7回転、ビュンビュンの三回目、お化けのけっ飛ばしリーチ、5→ドラキュラ。三連チャン。  
四回目.69回転(何度もリーチ目にはなるもリーチのかからないという状態のあと)、お化けのコマ送りリーチ、5→9。四連チャン。たっぷり三箱。  

  時短中のリーチはゼロ。時短終了後も回らない、リーチはかからない。150回転くらいで止めようと思ったが、一応350回転を目安に打った。リーチは50回転で一ないし二回。
  300回転〜332回転ではリーチゼロ。止め。残り二箱。たっぷり一箱つぎ込んで232回転。
  7時半。交換、5115発、二万円、煙草一個とつまみ。
  この日の当たり、4回(四連チャン)、収支、プラス一千円、煙草一個。

【戦評】
  勝負勘がきちんと機能している。この店のモンスターの特性を多少なりとも把握し、基本に立ち戻り、さほど経験のない機種をあれこれ打たないという決意を保ったことが主因。止め時にはついてはあれでよかったかどうか、後日データを確認して、この日の判断の成否が決まる。ただし、あの台がたとえ爆発したとしても、別に悔いることはないと思う。手堅い打ち方だった。

ページのトップ

  99年8月3日(火)(いやさらに自戒:マイナス一千円)

  4時過ぎ、地元のP。

1台目.モンスター、581回転、当たり2回の台。648回転(座ってから67回転)まで。四千円。回らず、リーチは三回だけ。

【確認】685回転、2で当たり。店を出る直前、別の客がまた単発(この日の4回目)。完全な回収台。

  ウエスタンヒーローに空き台が数台あったのでそちらに移動。
2台目.ウエスタンヒーロー、687回転、当たり4回の台。713回転まで。回らない。
3台目.ウエスタンヒーロー、384回転、当たり5回の台。402回転まで。玉が盤面を暴れ回るだけで、スタートチャッカーには全く入らない。釘が渋すぎる。当たりそうな雰囲気は皆無。
4台目.ウエスタンヒーロー、467回転、当たり4回の台。606回転(座ってから139回転)まで。48回転目に嵐予告(鳴りは一回)が一度あっただけ。この日嵐予告はこの一度だけ。
5台目.CRフィーバーパワフル、399回転、当たり13回の台。442回転まで。
6台目.ウエスタンヒーロー、545回転、当たり9回の台。567回転まで。

【確認】この日打ったウエスタンヒーローは、店を出る時点いずれも当たっていなかった。最後に打ったウエスタンヒーローは、1100回転を越えていた。

7台目.モンスター、125回転、当たり12回の台。データだけで判断したら、この台には座らなかった。順に打っていこう、そんな気持ちで座った。
  打ち始め、よく回り、リーチも適当にかかった。お化けも現れたし、ビュンビュンがよく鳴った。当たることなくこの状態が収まってしまうと厳しい。するとビュンビュンが三連続、三回目に5のリーチ、フラッシュコマ送り、外した。三連続ビュンビュンのリーチを外した場合、その後50回転くらい回しても当たりが来なければ、見切った方が無難だ。いくら粘っても100回転だ。
一回目.モンスター、174回転(座ってから49回転)、3のお化けのコマ送りリーチ(一応ビュンビュンリーチだから期待を持った)、当たり。この時点でマイナス二万一千五百円。
二回目.12回転、お化けのコマ送りリーチ、8→ミイラ男。二連チャン。
三回目.18回転、お化けのコマ送りリーチ、2。三連チャン。
  時短中、リーチ目だけは頻発したが、リーチは一度だけ。時短終了後は回らず、ろくなリーチはかからず、お化けは現れず。
  CRゼウスのシマで格好の台が空いたところだった。そちらに移ることを考えながら、305回転まで打った。残り、一箱と少々。交換。これでも深追いだったかもしれない。

【確認】この台は店を出る時点で、未だ当たらず。

8台目.CRゼウス、336回転、当たり12回の台。先ほどまで箱を積んでいた台だ。ゼウスの場合、当たりが10回を越えていて、連チャンの直後なら狙い目、という感覚がある。
一回目.372回転(座ってから36回転)、光接近予告から、最強戦士出現、1(確変)のスターダストリーチ、当たり。二千五百円。回らない。
二回目.77回転、光接近予告から、5のスターダストリーチ、当たり。二連チャン。
三回目.11回転、光接近予告から、Vのスターダストリーチ、V→2。三連チャンで終わり。
  確変終了直後、光接近予告から、最強戦士出現、7(確変)のスターダストリーチが外れ、その後もUFO予告からのスターダストリーチを二度外す。それからはUFOが三度現れたがリーチに発展せず、スーパーリーチも激減した。211回転で終了。これでたっぷり一箱消滅。残り、一箱少々、交換。
  おまけ。
9台目.モンスター、333回転、当たり23回の台。341回転まで。8回転で一千円。ひどいものだ。
  8時前、終了。この日の当たり、6回(三連チャン二度)、出玉6005発、二万四千円。
  この日の収支、マイナス一千円。煙草二個。

【戦評】
  打たずもがなの台を打ってしまった。プラスにすることができなかった原因だ。この日はモンスターに限らず、全体的に渋かった。源さんのシマは相変わらず悲惨な状態。早い時間に顔を出していたら大敗して不思議のない締め方だった。この締め方のなか、マイナス一千円はよしとせねばならない。
  勝負勘はまずまず。ツキもなくなってはいない。それでもプラスにできない。これからお盆にかけては締まることは目に見えている。これまでの反省を実のあるものにしていかないと、七月の二の舞だ。     

ページのトップ

  99年8月5日(木)(こんなはず、もある:マイナス三万五千五百円)

  2時半過ぎ、地元のP。

1台目.モンスター、282回転、当たりゼロの台。初めの千円で10回転だけ。どうにも回らず、当たる気はしない。

一回目 306回転(座ってから24回転)、お化けの蹴っ飛ばしリーチ、1→6。三千円。1で当たって3で止まらないとは。
  156回転で玉切れ。178回転まで。

【確認】午後9時過ぎ、当たりは1回のまま、797回転。完全な回収台。

2台目.モンスター、513回転、当たり3回の端台。800回転位までには当たるという心積もりだった。まずまず回った。
  700回転過ぎに、連続ビュンビュンの三回目に9のリーチ、お化けが上に現れたが、そのまま外れた。
  以下はリーチの数、700〜750回転(1回)、〜800回転(5回)、〜850回転(1回)、〜900回転(2回)、〜950回転(7回)、〜1000回転(2回)、〜1050回転(4回)、〜1100回転(5回)、〜1150回転(4回)、〜1200回転(3回)、〜1250回転(4回)、〜1300回転(4回)(ここでまた連続ビュンビュンの三回目に5のリーチ、お化けが下に現れたが外れ)、〜1314回転(ゼロ回)。1314回転まで。6時。
  801回転中、スーパーリーチは、4と7の蹴っ飛ばしリーチが一度ずつ、狼男のお化けのコマ送りリーチが一度。最後の方はすっかり回らなくなっていた。

【確認】午後9時過ぎ、当たり3回のまま、1454回転。端台にも関わらず、殆ど客が居着かなかったということだ。(この台はこの日とうとう当たらなかったことを後日確認。)


3台目CRゼウス、114回転、当たり11回の台。先ほどまで箱を積んでいた台。全く回らず、リーチもなかった。182回転まで。回らないのにここまで粘ったのは当たりが来るのでは、と予想していたから。しかし如何せん、状態が悪すぎた。

【確認】この台は283回転で当たって三連チャン。客が変わって、ほどなく単発が一度、後は音なしだった。

4台目.どきどき愛ランド、251回転、当たり10回の台。276回転まで。リーチ予告が外れたので移動した。

【確認】この台は414回転で当たって三連チャン。ほどなくして単発、さらに二連チャン。

5台目.どきどき愛ランド、265回転、当たりゼロの台

この日二回目.271回転(座ってから6回転)、リーチ予告から5(確変)の浮き輪リーチに発展し、素直に当たり。この時点でマイナス五万一千五百円。

この日三回目.96回転、魚で当たり、二連チャン。この後、54回転まで。交換、出玉3293発。

【確認】午後9時過ぎ、280回転、当たりは来ていなかった。

6台目.どきどき愛ランド、318回転、当たり7回の台。375回転まで。この台も帰る時点で当たりは来ていなかった。
7台目.どきどき愛ランド、347回転、当たり5回の台。456回転まで。

8台目.CRゼウス、319回転、当たり13回の台

この日四回目.425回転、UFO出現、4のテイクオフリーチ、4で停止。単発

この日五回目.104回転、三度目のUFO出現、9(確変)のテイクオフリーチ、当たり。
この日六回目.34回転、3(確変)のテイクオフリーチ、当たり。二連チャン。
この日七回目.91回転、0のモーフィングリーチ、当たり。三連チャン。

  確変終了後、しばらくは適当にリーチがかかったが、やがて戦闘機の旋回予告を二連続空振り。UFO予告は二度あったがいずれも空振り。最近打ったゼウスでは、UFOが全く出現しなかった。それを考えると、この台はそこそこの優良台であるという感じがする。閉店まで時間が十分あれば打ち続けたかもしれない。しかしこのゼウス、確変で当たっても当たりが来るのにとにかく時間がかかる。10時頃に確変が当たって連チャンが続いても時間切れになってしまう恐れがあった。168回転で終了。交換、出玉4543発。
  9時、終了。この日の当たり、7回(確変2回)、出玉7836発、三万一千円、煙草一個。
  この日の収支、マイナス三万五千五百円。煙草三個。

【戦評】
  この店ではモンスターに限らず、平均的に回らない。モンスターの場合、リーチがさっぱりという状態から、いきなり当たったりする。そろそろ当たりそうな(色々な判断基準がある)台で、比較的回る台(当たりが近い台は回りがいいことが多い)に座ったら、一定の幅(300回転、一万五千円は覚悟)で回すしかない。この打ち方で外れると、この日のようになる。1400回転超の大ハマリの台で800回転を無駄に回してこの程度のマイナスで済んだのはさほどの大敗ではないと判断しなくてはならない。
  敗因の一つは連チャンが続かなかったことだ。確変で当たったら五連チャン程度は続かないとこの店では勝てない。勝負勘は今どうなっているか。鈍っている、というほどではないにしても、この日のハマリは反省材料だ。ツキはどうか。ツキのあるなしは連チャン継続の程度でしか判断できそうもない。とすればツキはさほどない。     

ページのトップ

  99年8月6日(金)(疲労感がある:マイナス六万六千五百円)

  3時過ぎ、地元のP。

1台目.モンスター、507回転、当たりゼロの台。

一回目 572回転(座ってから65回転)、お化けの蹴っ飛ばしリーチで5(単発)の当たり。三千円。前日と同じ出だし。
  117回転まで。交換、751発。

【確認】321回転でまだ当たっていなかった。

2台目.モンスター、633回転、当たり9回の台。そこそこ回ったがリーチの方はさっぱりだった。
  以下はリーチの数。
  〜750回転(4回)、〜800回転(1回)、〜857回転(1回)。857回転(224回転)で止め。一万五百円投資。

【確認】957回転ではまだ当たっていなかった。

3台目.モンスター、6回転、当たり5回の台。22回転まで。リーチゼロ。一千円投資。

【確認】この台が当たったのは七時過ぎ。

4台目.モンスター、251回転、当たり6回の台。330回転まで。五千円投資。

【確認】この台が当たったのも七時過ぎ。

5台目.モンスター、412回転、当たり1回の端台。507回転まで。五千円投資。

【確認】この台は642回転で確変が当たり、四連チャン。

6台目.モンスター、141回転、当たり14回の端台。392回転まで。一万二千円投資。

【確認】784回転でまだ当たりは来ていなかった。

7台目.CRゼウス、255回転、当たりゼロの台。293回転まで。
8台目.CRゼウス、148回転、当たり6回の台。いいスーパーリーチが続いたので400回転くらいまでには当たると読んだ。しかし、次第に戦闘機旋回予告が連続して空振りするようになり、スーパーリーチも姿を消した。読みは外れた。354回転まで。

【確認】442回転でまだ当たりは来ていなかった。

9台目.CRゼウス、687回転、当たりゼロの台。730回転まで。
10台目.CRパーラーデルダス、165回転、当たり9回の端台。リーチの状況を冷静に判断しながら打ってはいなかった。惰性だった。381回転まで打って、スーパーリーチはおばちゃんリーチが一度だけ。全回転リーチが二度だけ。どう考えてもこれほど粘るべき台ではなかったのに。

【確認】489回転でまだ当たりは来ていなかった。

11台目.CRFパワフル、106回転、当たり1回の端台。大敗の掉尾に恒例の彩りである。216回転まで。

  8時、終了。この日の当たり、1回、出玉751発、三千円。
  この日の収支、マイナス六万六千五百円。

【戦評】
  一回目の当たりが単発の日の戦績はただ一日を除くと、すべて大敗もしくはそれに近い。これは統計的結論であるが、ツキに関わることだろう。
  このところの台の選択を見直している。この日打ったモンスターは6台、データをもとに冷静な判断をすれば、このうちの2台目、3台目、6台目は打つべきではなかったろうし、4台目、5台目はもっと粘るべきであった。疲労感がある。     

ページのトップ

  99年8月10日(火)(負けた:マイナス一万七千円)

  3時過ぎ、地元のP。

1台目.モンスター、562回転、当たりゼロの台。651回転(座ってから89回転)、四千円。座って程なく、連続ビュンビュンの三回目を外した。それがこの台を見切った主たる理由。

【確認】869回転でドラキュラ、二連チャン。その後もはかばかしくなかった。回収台。

2台目.左隣の台、モンスター、1176回転、当たり4回の台。店に入ったとき、これも空き台だったが選ばなかった。1000回転を越えている台は敬遠したい。
一回目1218回転(座ってから42回転)、1のお化けのコマ送りリーチで当たり。1→3(確変)。二千五百円。これなら初めからこれに座るのだった、というのは後思案もいいところ。
2回目.81回転、2のリーチ。お化けの蹴っ飛ばしリーチ、当たり。二連チャン。例の通り、次々とリーチ目にはなるもリーチはかからない場合のお約束。。
  時短中、魔女のリーチが一度だけ。
  時短終了後、ろくなリーチがかからない。7のリーチが頻発(4回)。二連続ビュンビュンで空振り。リーチがかからなかった。これが見切った理由。161回転まで。確変で当たってこれほど早く見切ることは稀なのだが。
  交換、3154発。

【確認】251回転(止めてから90回転)でドラキュラ。二連チャン。その後もちらほら当たっていた。遊び台。帰る時点で当たり15回、確変中。この台で打ち続けていたら、きっといらいらしたことだろうが、収支がマイナスにはならなかったろう。

3台目.モンスター、587回転、当たりゼロ、前日1274回転、当たりゼロ、前前日、2020回転、当たりゼロ、という恐るべき台。当たれば爆発するのでは、と誰でも考えそうな台だった。907回転まで。1のお化けの蹴っ飛ばしリーチが外れたのが、唯一のスーパーリーチ。リーチはちらほらかかるものの、全く発展しない。一万七千五百円。

【確認】1108回転で8(単発)。これも呑まれ、帰る時点では360回転。度外れの回収台。

4台目.CRCCガールズ、310回転、当たり16回。つい先ほどまで箱を積んでいた。
一回目378回転(座ってから68回転)、泡リーチからバスリーチに発展、再抽選で確変で当たり。三千五百円。期待した。
二回目4回転、全回転リーチで8。二連チャンで終わり。がっくり。
  374回転で玉切れ。200回転位まで、いいリーチが続き、やがていいリーチの波が収まった。どこまで粘ればいいのか。移動しようかと考えていた台に客が座ってしまって、仕方なく打ち続けたが、当たりが来たのは移ろうと思ってからすぐだった。この逆もよくあるんだ。
三回目683回転、なんどかかっても当たらなかったカメラリーチで当たり。2→確変。一万四千五百円追加投資。
四回目41回転、全回転リーチ、2→確変。
五回目225回転、全回転リーチ、2。三連チャンで終了。大したことない。
六回目111回転、泡リーチからバスリーチに発展、5で当たり。再抽選でも5(単発)。
ハートのリーチ予告をやたら空振りする。せっかくのステージリーチ(信頼度一番のリーチ、34.8%)も外す。 417回転まで。残り一箱。交換、2537発。
  この日の当たり、モンスターで2回。CCガールズで6回。出玉、5691発、二万二千円、煙草二個、缶コーヒー一缶。収支、マイナス一万七千円。

【戦評】負けた、の一言。かなり失望している。決定的な過ちはなかったと思うが、如何せん、爆発的連チャンにあたらない。

ページのトップ

  99年8月12日(木)(納得!:プラス六千五百円)

  5時過ぎ、地元のP。
  1000回転超の台が数台。1000回転に迫る台も数台。すべて避けた。店に来る時間を間違えると大変なことになったはず。ウエスタンヒーローの端台、350回転超、あたり20回の台が空いていたが、少し考えた末、捨てた。
1台目.モンスター、282回転、当たり5回の台。550回転を目安にした。うんともすんとも言わない台だった。ひたすら我慢。この店ではこんな台しかない。

1回目.475回転(座ってから193回転)、4のフラッシュコマ送りリーチ、当たってしまった。しかし再抽選にはならず。単発。ここまでで九千五百円。フラッシュコマ送りリーチで当たったので、少し粘ろうという気になった。ただの単発なら、交換して終了にするつもりだった。
  ドラキュラのお化けのコマ送りリーチ外れ、6のお化けの蹴っ飛ばしリーチ外れ、6の外れは痛かった。150回転で玉切れ。

2回目.267回転、フランケンのお化けの蹴っ飛ばしリーチ、当たり。一応ビュンビュンだった。この店では初回のビュンビュンでもスーパーリーチに発展すると、十分期待できる、というのが印象。追加投資、六千円。
3回目.111回転、お化けのコマ送りリーチ、8→ミイラ男。二連チャン。
4回目.85回転、お化けの蹴っ飛ばしリーチ、6。三連チャンで終わり。
  時短中、リーチ目になったのは、2、4、7が各一回。リーチはゼロ。時短終了後、全く回らなくなった。118回転で終了。7時過ぎ。この終了は最短だ。
  交換、出玉5614発。二万二千円、煙草一個。酒のつまみ。収支、プラス六千五百円。

【確認】350回転超のウエスタンヒーローは700回転超でも当たっていなかったが、その後二連チャンを確認した。
  1200回転超の台は1700回転超だった。1000回転超の台は1200回転超で単発、その後しばらくしてまた単発。店を出る時点でも1000回転超の台が数台あった。常連の顔が見あたらなかったわけだ。

【戦評】打ち方をかえた。とにかくプラスにすること。できる限りモンスターを選ぶ、打つべき台と回転数の目安を断固として決め、引き時を厳守すること。この日はその原則を守れた。それで、納得!ということだ。

ページのトップ

  99年8月13日(金)(何でこうなるの:マイナス三万一千五百円)

  4時半過ぎ、地元のP。
1台目.モンスター、161回転、当たり21回の台。550回転を目安にした。初めの五百円で3回転。次第に回るようにはなったものの単調極まる状態。前日と同じくひたすら我慢。

1回目.273回転(座ってから112回転)、6の お化けのコマ送りリーチ、当たり。最抽選なし。六千五百円。何しろ出ている台なので、多少粘ってみることにした。 90回転目が三連続ビュンビュンで6のリーチ、お化けが下に現れたがコマ送りにならず、外れ。 この外れは痛い。止めようか、真剣に考えた。その後すぐ、9のお化けのコマ送りリーチを外した。 これも痛い。その後、リーチは少なく、スーパーに発展することなく、158回転で玉切れ。回り方に極端な波があるのは、この店の台では珍しいことでもない。 200回転を過ぎて回らなくなった。右隣の台が空いたので移動することにした。237回転まで。 追加投資、四千五百円。

2台目.モンスター、628回転、当たり11回の台。当たり11回ほどで、1000回転を越えるハマリはこの店では目にすることが少ないので、800回転くらいまでには、最悪でも900 回転までには当たるのではないかという皮算用だった。
  ずっと隣で見ていて、ひどい台だ、と思っていた。そのひどさが全く変化しなかった。 いい数字のリーチが時たまかかるものの、冷やかしのお化けさえ姿を見せない。その内、その内、と思っている内に予定の900回転を越えた。二連続ビュンビュンで2のリーチがかかったが、お化けは下に出ただけ。痛い外れ。よく回っていたので続けた。とうとう有り金をはたいた。1036回転、終了。

  この日の当たり、1回。収支、マイナス三万一千五百円。

【確認】一台目のモンスターは帰る時点で365回転。回らないものだから、次々に座る客たちは千円も打つと、もう席を立っていた。

【戦評】21回も当たっている台で、何で単発の当たりなんだ。当たりが10回を越えている台では滅多にない1000回転超のハマリを自分で打ってしまうなんて。

ページのトップ

  99年8月14日(土)(……!:マイナス二万九千円)

  2時半、地元のP。モンスターの空きは一台だけ。
1台目.モンスター、152回転、当たり1回の台。初めの千円で6回転。190 回転まで。二千五百円。一台空いたので移動。

【確認】309回転で単発。その後も座る客はいたが、殆ど居着かなかった。釘を締めすぎたら商売にならないという例。帰る時点で143回転。

2台目.モンスター、358回転、当たりゼロの台。550回転を目安。前日ハマッタ台にそっくりだと反省した時には、550回転を遙かに超えていた。数少ないリーチの目はいいのだが、お化けが全く現れない。この状態がいつまで経っても変わらない。947回転まで。原則を守れなかった。
  当たりゼロで1000回転近いハマリはこの台だけだった。言葉もない。4時半終了。当たりゼロ、マイナス二万九千円。  


top pageに戻る  「pachinko街道をゆく」のtop pageに戻る