パチンコ街道をゆく
野島明のpachinko実戦記

《行きつけの店》
1.地元A…回転数、当たり回数表示なし。データロボ無し。ラッキーナンバー制。2.5円。
2.地元P…回転数、当たり回数表示あり。データロボあり。無制限。等価交換。
3.横浜P…回転数、当たり回数表示あり。データロボ無し。無制限。2.5円。

1999年12月の収支
現金のマイナス:四万八千五百円。プラス:タバコ16個

1999年12月の戦績

師走の風が身にしみる(99/12/7)


  99年12月7日(火)(師走の風が身にしみる)

  12時過ぎ、横浜のP。モンスターのシマを選ぶ

1台目.0回転、当たりゼロの台。22回転で、6のお化けのコマ送りリーチ、当たり。再抽選なし。千円。

  この日はここで止めるか、打ち続けるか、台を移るか、考えどころだった。取りあえず150回転まで、というつもりで打ち続けた。

  23回転で、2のお化けのコマ送りリーチ、外れてしまった。2さえ当たらないようでは期待はできない。リーチが極端に少なかった。116回転まででリーチは5回のみ。止め。928発。

【確認】240回転で3が当たっていたが、二連荘で終わり。その後も伸びず。

2台目.62回転、当たりゼロの台。96回転まで。リーチは2回だけ。二千円。
3台目.204回転、当たりゼロの台。269回転まで。リーチはたった2回。二千五百円。
4台目.96回転、当たりゼロの台。161回転まで。
5台目.0回転、当たりゼロの台。3回転まで。これで五百円。
6台目.18回転、当たりゼロの台。54回転まで。
7台目.66回転、当たりゼロの台。85回転まで。リーチゼロ回。
8台目.0回転、当たりゼロの台。36回転まで。リーチ2回。
9台目.0回転、当たりゼロの台。117回転、連続ビュンビュンの二回目で9のリーチ、お化けのコマ送りに発展、当たり、再抽選でフランケン(確変)。

  1回転目に、ビュンビュンで狼男のリーチがかかり、てっきり当たるものと思っていたら、お化けが下に降りたものの、それ以上発展せず、外れ。だが、十分期待を持った。

二回目.10回転、2のお化けの蹴っ飛ばしリーチ、これはまずかった。当たってそのまま。2では余りにも分が悪い。二連荘。

【時短中】リーチ目にはなるも、リーチに発展しないことが余りにも多かった。リーチは3回。結局当たらず。二連荘で始まって、箱を積むことは難しい。何処で止めるかだった。

三回目.277回転、9のお化けのコマ送りリーチ、当たり、再抽選で、1まで動いてしまった!

  かなり粘り、292回転まで。交換。416発。

【確認】386回転で、1が当たり、それも呑まれていた。

10台目.620回転、当たり7回の台。709回転まで。もう少し様子がいいと思ったのだが、期待はずれだった。
11台目.「CRラブラブカップル」、269回転、当たり12回の台。何も言うまい。
この日の五回目.927回転、訳の分からないうちの当たり、4(単発)。どうにもならん。よく回ったからここまで粘りはしたものの、単発ではいかんともしがたい。100回転が勝負だった。

  190回転で玉切れ。回らなくなってしまった。パッキーカードの残りが五百円。197回転まで。よくもまあ、こんなつまらない機械を作ったものだ。わくわくする予告も、スーパーリーチもなし。もう二度と打たん。


  当たり、5回、収支、マイナス四万八千五百円。タバコ16個。

  これが今年の打ち収めになろうというのに、この始末だ。この日座った台はことごとく回収台だった。この不況の年の瀬に、この負けは痛恨の極み。来年、パチンコ街道をどううろついたらいいのやら…。

ページのトップ

top pageに戻る  「pachinko街道をゆく」のtop pageに戻る