New Terms & Usages 《新語・新用法紹介》

話題となっている語、いかにも今という時代を感じさせる新しい用語、馴染みの語の新しい用法をご紹介。過度に専門的と思われるような用語はできるだけ避けたいと考えています。

"New Terms & Usages"の項目一覧頁に戻る
No.42 "spam"

「屑メール」。junk e-mailとも。

合衆国では既に深刻な問題になっている。

Losses are mounting on the front lines of the spam war.

屑メールとの闘いの前線では損害は膨大な額に達しつつある。

(注) 筆者Leslie Walkerはコラムニスト。

(Buried Under A Mountain Of Spam By Leslie Walker from Washington Post.com, Thursday, May 3, 2001; Page E01)

この語の由来の説明があるが、「モンティ・パイソンの寸劇」と言われて全く心当たりのない身には、正直、理解に限界を感じざる得ない部分。言語は言語によるものにあらず、なのである。
spam (so called after a Monty Python skit in which a waiter chanted "Spam" so many times that it drowned out everything else on the menu)

屑メール[spam](ウエイターが余りにも頻繁にSpamと繰り返し声に出すのでメニューにある他のものすべてが霞んでしまったというモンティ・パイソンの寸劇にちなんでそう呼ばれる)

"spam"対策ソフトが導入されつつある。
Yahoo and Hotmail, two free e-mail providers, screen incoming junk e-mail using similar filters and place messages in a separate "bulk" folder for each member's review.

無料電子メールを提供しているヤフーとホットメールは、送られてくる屑電子メールを似たような濾過方式を用いて選別し、会員が閲覧できるよう別の「大容量」フォルダーに屑文書を収納している。

(注) similar filters : EarthLinkが昨年の10月に導入した「スパミネーター」と呼ばれる屑電子メール濾過用ソフト[a software filter called "Spaminator"]と似たような濾過ソフト。

"spam"対策団体まである。
An unofficial spam-fighting group called the Mail Abuse Prevention Service maintains a list of Internet addresses known to have originated spam at www.mail-abuse.org.

MAPS[メール濫用防止運動]と呼ばれる非公式の屑電子メール対策団体は、屑メールの発信元であることが分かっているインターネットアドレスの一覧をwww.mail-abuse.org.に掲載している。



index pageに戻る    top pageに戻る