New Terms & Usages 《新語・新用法紹介》

話題となっている語、いかにも今という時代を感じさせる新しい用語、馴染みの語の新しい用法をご紹介。過度に専門的と思われるような用語はできるだけ避けたいと考えています。

"New Terms & Usages"の項目一覧頁に戻る
No.36 "fanzines, teenzines"

"fanzines"は「アイドル雑誌」、"teenzines"は「少女向雑誌」というところ。

Only a teen could differentiate between the dozens of look-alike fanzines on the newsstands.
十代の若者(殆ど少女)たちだけが、新聞雑誌売り場に並ぶ数十種類の似たようなアイドル雑誌の違いを見分けられるのであろう。

(Cornering the teenzine market By Cesar G. Soriano, USA TODAY from USA Today.com, 01/16/01- Updated 07:52 AM ET)

fanzinesの簡潔な解説。
With screaming headlines, fluorescent colors and glossy pullout posters, these teen fanzines have been a rite of passage for girls for decades.
派手な見出し、蛍光色、そしてつやのある綴じ込みポスターがつきもののこうした十代の少女向けアイドル雑誌は、数十年の間、少女たちの通過儀礼であり続けている。

(注) fluorescent 「蛍光性の」;rite of passage「通過儀礼」

"teenzines"について。
Teenzines are "the only constant in the magazine business," says magazine analyst Samir Husni of the University of Mississippi. "You just sit in your office, wait five minutes to see who's the star today and publish your magazine tomorrow."
少女向雑誌は「雑誌業界の中で唯一安定したもの」です、とミシシッピ大学の雑誌専門家Samir Husniは語っている。「ただ事務所で腰をおろし、今日は誰が売れているのかの確認に5分ほど費やし、翌日雑誌を発行するだけなんです。」

不滅の"teenzines"と、それが「少女向け」である訳。
Despite the changing prices, readership and boy bands, one thing is certain: Teen fanzines aren't going anywhere.

"Teen girls have always been attracted to music and cute guys," says Carrie Yamato, editor of BOP. "As long as there is radio and TV, and as long as they keep putting those guys on the air, then there's an audience for us."


価格、読者また男の子の音楽グループの変転にもかかわらず、確かなことが一つある。十代向けのアイドル雑誌は不滅なのである。

「十代の少女はいつだって、音楽やかわいい男の子に惹かれてきたんです。」と語るのはBOPの編集者キャリー・ヤマトである。「ラジオやテレビがあり、それらのメディアがそうした男の子たちを電波に乗せる限り、私たちの読者はいるんです。」

(注) not go anywhere = go nowhere 「どこにも行かない⇒変わらない」

男と女の間には……。


index pageに戻る    top pageに戻る