New Terms & Usages 《新語・新用法紹介》

話題となっている語、いかにも今という時代を感じさせる新しい用語、馴染みの語の新しい用法をご紹介します。過度に専門的と思われるような用語はできるだけ避けたいと考えています。


No.35 "After Deciding What to Call It, What Do You Call What You Call It?"(from The New York Times ON THE WEB, December 30, 2000)

「ある対象の呼称を決めた後、そのように(後から)決められた呼称を、どう呼称するか。」今回の内容は本コラムの決定版とも言うべきもの。

思想史関係の電子会議室[electronic forum]("H-Ideas")への次のような書き込みがきっかけ。

Dec. 8
My students and I have been pondering the following question: Is there a term for concepts labeled retrospectively? Holocaust was so labeled in 1954. "Epistemology" was given its label by Ferrier in the 19th century, but the concept traces back to the ancient world. Even "concept" itself does not appear as a label until the 18th century, even though the notion of concepts, like epistemology, traces back to the ancient world. Naturally, there are many other examples that can be cited. Anybody out there know of a label for this phenomenon?

RAY McINNIS
Western Washington University


私の学生たちと私は次のような疑問に頭を捻っています。「後から振り返って呼称を与えられた概念にあてる名辞はあるのか。」"Holocaust"[ナチスによるユダヤ人大虐殺]がそう呼称されたのは1954年であった。"Epistemology"[認識論]は19世紀にフェリエによってその呼称を与えられた。しかし、その概念は古代世界にまで遡る。「概念」それ自身が名辞として出現するのさえ18世紀になってからである。概念という観念は、認識論の場合と同じように、古代世界にまで遡るにもかかわらず。当然ながら、他にも数多くの例を挙げることができる。こうした事柄に当てる呼称についてご存知の方はいないでしょうか。(下線部は引用者)

(注) cf. retrospect【名】「追想,回想」【動】「回顧[追想]する」(『ジーニアス英和辞典』大修館)
(注) trace back to ...「〜にさかのぼる」

(After Deciding What to Call It, What Do You Call What You Call It? By THE NEW YORK TIMES from The New York Times ON THE WEB, December 30, 2000)

これに応じた書き込みの内、面白そうな提案を幾つかを以下に。

まずはその(1)。"avant la lettre"が紹介されている。

Dec. 11
Yes -- as usual the French have come up with the appropriate term -- avant la lettre. Thus those discussing Arminian ideas in the 16th century before Arminius will be spoken of as "Arminians avant la lettre."

PROF. ALAN FORD
Department of Theology, Nottingham University


あります、例のごとく、フランス人は適切な名辞を思いついています、"avant la lettre"です。従って、アルミニウス[1560-1609]以前の16世紀にアルミニウス的思想を論じていた人たちは「その語ができる前のアルミニウス主義者〔先駆的アルミニウス主義者〕」と呼ばれることになるでしょう。(太字体は引用者)

(注) come up with ....「〜を思いつく」
(注) speak of A as B「AをBと呼ぶ」

その(2)。"Clionym"、 "Retronym"、"trapemanym"、"Anapodism"が提案されている。("Anapodism"の部分は省いた。)
Dec. 11
Colleague,
Some suggested neologisms to serve your purpose:

"Clionym" would do nicely, meaning a word created by historians, but I haven't seen the word in a dictionary. Clio was the Greek muse of history.

"Retronym" mixes Latin and Greek, so it wouldn't please the purists. We need a Greek prefix for nym which means "retro." "A word being placed into the past" would be the meaning of this word. The purist Greek neologism "trapemanym" would be absolutely obscure. But retronym is a nice word in that a person might quickly guess its meaning, and it could mean "a word we use today to explain the past." When you use a lot of retronyms in conversation you might be accused of conducting a "retrologue."
................

ALBERT SCHORSCH III
Associate Dean, College of Urban Planning and Public Affairs, University of Illinois at Chicago


ご同学

ご提起の問題のお役に立つ新表現を幾つか提案させていただきます。

"Clionym" は十分その役を果たすはずです。この語は歴史家によって創られた語を意味します。しかし、私はこの語を辞書で見かけたことはありません。クレイオーはギリシャ神話の歴史の女神の一人です。

"Retronym" にはラテン語とギリシャ語が混じっているため、(言葉の)純正主義者には気に入らないかもしれません。"retro"[遡って]を意味するギリシャ語の接頭辞がnymには必要です。「過去へと遡って適用されている語」がこの語の意味になるはずです。ギリシャ語を基にした純正主義者的新語"trapemanym"は全く不明瞭でしょう。しかし、"Retronym" は、恐らくその意味をすぐに類推可能であろうという点でぴったりの語であり、この語は「過去を説明するために私たちが今日用いる語」の意味となりましょう。話しの中でRetronymを数多く用いると、"retrologue"を犯しているということで論難されることにもなるかもしれません。

(注) neologism「新語(句)、新表現」
(注) Clio「〔ギ神〕クレイオー《歴史の女神;ミューズ(Muse)の1人》」(『ジーニアス英和辞典』大修館)
(注) Retronymは辞書に載っている。例えば、 Free On-Line Dictionary Of Computing(foldoc) 参照。
(注) -logue【接尾】「…談話」(『ジーニアス英和辞典』大修館)

その(3)。関連する動詞"Retroject"が紹介される。
Dec. 18
After I finally got a few moments to pore over the O.E.D., I did find a word which does answer Prof. Ray McInnis's original question, the secondary meaning of which I paraphrase from memory as, to cast back into the past a meaning from the present:

Retroject, verb; retrojection, noun.

O.E.D. had an example from 1881 of the word used in precisely the above sense. We use retronyms and clionyms when we retroject.
......................

ALBERT J. SCHORSCH III


ようやく少し時間をとりOEDにじっくり目を通したら、レイ・マッキニス教授のそもそもの疑問の答えとしてぴったりの単語を見つけ出しました。その語の第二の意味を記憶をもとに言い換えると、現在に由来する意味を過去に投影する、となります。

Retroject(動詞); retrojection(名詞)

OEDには、その語が正に上記の意味で用いられている1881年の用例が載っていました。私たちはretrojectする際に、"retronyms"や"clionyms"を用います。

(注) cast back「〜を〔過去の出来事などに〕向ける」

最期に、課題の提起者による総括。
Dec. 19
Many thanks for all the responses to the matter of labeling concepts after they have existed. ......................

..........I must state however, on a personal note, I wish that we had a more elegant label than retronym. And as a consequence of our exchange on the Intellectual History list and from a Copernic search, I am not entirely persuaded that retronym is our best word to characterize a label given in retrospect for an existing concept, but which lacks a name. ...................... Maybe it is more precise to think in terms of Prof. Albert Schorsch's "retroject, verb; retrojection, noun," or the French term suggested by a correspondent from England, .........................

RAY McINNIS


既に存在していた概念に後から呼称を与えるという問題に対して寄せられたすべてのご回答に返す返すも感謝します。…

…さりながら、個人的意見になりますが、retronym以上に的確な呼称はないものか、と申し上げねばなりません。また、"Intellectual History"上での意見交換、及び、Copernic検索の結果として、私自身は、retronymが、既に存在しているが名称を欠く概念に対して後から与えられる呼称を言い表す最適の語であるということに完全に得心しているわけではありません。…ことによると、アルバート・ショルシュ教授のretroject(動詞); retrojection(名詞)という言葉で、あるいはイングランドのある会員に提案されたフランス語の用語で考える方が正確であるかもしれません。…

(注) "Intellectual History"とはウエッブサイト"H-Ideas"の別名。

(注) Copernicはサーチエンジン。サイト名は"Copernic.com"。

(注) フランス語の用語とは"avant la lettre"。

ここで決着をつけねばならない問題であるわけでもないのはもちろんのことである。

翻って、ここで求められている語に相当する語が日本語にはあるか、と問うてみる。例えば、デカルト以前のデカルト主義者[Cartesian]をどう表現するか。「早すぎたデカルト主義者」、「先駆的デカルト主義者」、「デカルト主義者の前身」等々。難しいが、何とか表現はできるかもしれない。


index pageに戻る    top pageに戻る