Internet Semi : Topics Around The World

 新聞・雑誌の見出し・記事から地球上の様々な地域の「今」に触れます。
 ついでに英単語・表現の学習も。初心者から上級者までが対象です。
 初心者の方は分かる部分だけ適当に拾い読みして下さい。
 (掲載を続けるうちに、本記事の趣旨が変わってしまいました。
 ただ、我ながらなかなか面白い連載になりつつあります。--横井順)


No.12 "Peeping Tom refused to leave" (from The Straits Times(Singapore), AUG 28 1999)

「出歯亀はその場を動こうとしなかった」(Peeping Tom「のぞき見する人、覗き屋トム、出歯亀」)

A MAN went into a women's bathroom at Keppel Club to peep at a woman showering, and refused to budge even after she started screaming.

「一人の男が女性のシャワー姿を覗こうとケッペル・クラブの女性用浴場に入り込み、女性が叫び声をあげた後も、その場を動こうとしなかった。」

budge「[通例否定文で] 身動きする」

覗かれた女性は男の顔を覚えていた。この記事を取り上げる気にさせたのは次の部分。
"She remembered his eyes, that he was fair-skinned and had slightly protruding teeth."

「女性はその男の目を、その男が色白で、出っ歯気味であったことを覚えていた。」

fair「色白の」;protrude「突き出る」

こんな記事をよくも見つけたものだ、と多少自画自賛。出っ歯の亀さんがシンガポールでも活躍をしている。


No.9 "Dengue 2 Sparks A Red Alert" (from The Tico Times(Costa Rica), August 27, 1999)

「二型デング熱発生による緊急非常態勢」

「デング熱」についてはこの記事の中に説明がある。

Dengue is a viral disease that causes high fever for five to eight days and severe muscle and joint pain. Any off the four strains can cause what's known as classic dengue, or dengue fever, which is rarely fatal.

「デング熱は、五日から八日の間高熱と激しい筋肉・関節痛を引き起こすウイルス性の病気である。四種類の菌株のどれも、典型的デング熱、即ちデング熱として知られているものを引き起こすことがあるが、命取りになることは滅多にない。」

"off"は"of"の誤植だろう。

viral(virus「ウイルス」の形容詞);strain「菌株」;fatal「命取りになる」。

デング熱には4種類あるとのこと。
There are four known types of dengue, according to Dr. Leonardo Mata, a professor at the University of Costa Rica who was the first person to isolate the Dengue 1 virus in Costa Rica in 1993.

「1993年にコスタリカで一型デング熱ウイルスを初めて分離した人物であるコスタリカ大学の教授、Dr. Leonardo Mataによれば、四つの型のデング熱が知られている。」

命に関わることは滅多にないにも拘わらず緊急非常態勢が敷かれたのは、次のような事情があるから。
The danger is that people who've had dengue before and now contract Dengue 2 will become hemorrhagic.

「危険なのは、以前デング熱にかかったことがあり、現在二型デング熱に感染している人たちは多量に出血することになる、ということだ。」

contract 「〈重い病気〉にかかる」;hemorrhagic(形容詞)「出血する」

危険なのはこの出血であるということだ。

The hemorrhagic form, which strikes people who have already been exposed to a different strain, has a 40 percent fatality rate and must be treated promptly.

「この出血型(デング熱)はすでに別の菌株に感染したことのある人がかかるものだが、致死率40%であり、迅速な治療が欠かせないのである。」

「40%の致死率」というのは重大だ。


No.8 "'New look' on the way for Jasper K-Mart store" (from The Daily Mountain Eagle(Alabama), August 28,1999)

「ジャスパーのKマートが改装中」(「ジャスパー」はこの新聞社がある町;Kマートは巨大スーパーチェーン;on the way「途中で・の」;new look「新しい外観」)

この日のニュースの見出しはこの他に二つあった。"Cordova mayor: Children's safety is first priority"と"Good use of bird bath"。

アラバマ州のジャスパーという(たぶん田舎)町で発行されている新聞である。日本ならどんな新聞が、「我が町のイトーヨーカドーが大規模な改装中」、という見出しを一面に据えることになるのか。

The Jasper K-Mart is currently remodeling to make the store bigger and to offer something new to the store: grocery items.

「ジャスパーのKマートは目下改装中であり、これは店を更に広くし、食糧雑貨に新たな品目をそろえるためのものである。」

grocery items「食糧雑貨品」

但し、ただの改装ではないようで、ある戦略("Big K-Marts" or "Big K's"を目指す) に基づいて全国の店舗で行われている改装である。
The remodeling has been going on in phases for three or four years in over 2,000 K-Marts across the country.

「こうした改装は全国2000店舗以上のKマートで三四年間の時間をかけ、段階的に行われている。」

go on「続く」;in phases「段階的に」;across the country「全国で」


No.7 "Case could shape future of gun control" (from USA TODAY, 27,August/99)

「将来の銃規制を左右する裁判」(この裁判は将来の銃規制を方向付ける可能性がある)という見出し。
shape「〈将来・態度など〉を決定する,方向づける;could「〜するだろう、する可能性がある(可能性・推量を表す)」

昨年の八月に Sacha Emerson(26才の看護婦,Texas州San Angelo在住)とその夫、Timothy Joe Emerson(医師)夫妻の離婚問題から始まったが、憲法修正第二条の解釈をめぐる国家的裁判へと様相を変えた。

以下が憲法修正第二条。

A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed. -- Second Amendment to the U.S. Constitution, 1791

(試訳)「よく統制された市民軍は、自由な国家の安全に不可欠であり、人民の武器を保有し携帯する権利は、侵害されてはならない。」

militia「正規軍(the military)に対する)市民軍」;infringe「〈権利など〉を侵害する」

分かりにくい英語(もっと明瞭な表現にすれば、後の世に解釈を巡る論争を引き起こすことはなかったのであろうに)だが、この英語については次のような言い方をされている。
the multiple clauses, odd punctuation and 18th-century syntax

「複数の節、妙な句読法及び18世紀流統語法」

国民は誰でも銃を持つ権利を有するのか、それとも銃を有する権利は州兵のような治安に責任を持つ集団にのみ認められるのか。

憲法の条文を巡る解釈、どこかで聞いたような話しだ。もし個人が銃を所有する権利が最高裁で認められれば、

Any law impacting on that right might have to pass a much stricter test.(George Washington University's Cottrol)

「その権利(注:銃の保有と携帯の権利)と衝突するどんな法律もこれまでよりずっと厳しい試練を経ねばならないことになるだろう(ジョージワシントン大学のCottrol氏)


No.6 "No help for discarded generation" (from The Buenos Aires Herald(Argentina), 16-23 August/99)

「見捨てられた世代には手立てなし」という見出し。

discard「〜を見捨てる」;help for 〜「(否定文または否定的な意を含む文で)〜の救済法」)

スペインの失業率がここ17年で最低の15.63 %になったが、スペイン政府に対しては手厳しい指摘がなされる。

....although Aznar attributes the improvement to his canny management of the Spanish economy, the basic reason for it has less to do with official policies than with the passage of time:

「Aznar(注:スペインの首相)は(失業率の)改善の要因はスペイン経済の自らの巧みな運営にあるとしているが、その(注:失業率が近年でもっとも低い水準になったこと)根本的理由は、役所の政策というよりむしろ時の経過と関係がある。」

have something do with 〜「〜と関係がある」の応用形

失業率が下がったことの陰にある、次のような苛酷な現実。
Spain's unemployables, those millions of ordinary men and women who managed to make a living of sorts before their country started to "modernize" itself, are simply dying off.

「スペインの中の雇用するに値しない人々、即ち、国が『近代化』を始める以前、かろうじて粗末な生活を成り立たせていた数多くの平凡な人々は、死に絶えつつあるに過ぎないのである。」

unemployables「雇用するに値しない人々」;「die off「絶滅する」

こうなる訳は…。
you cannot turn illiterate cane-cutters, say, into computer operatives

「無学なサトウキビ刈りを、例えば、熟練したコンピュータの使い手にすることは出来ない。」

cane-cutter「サトウキビの刈り手」;turn A into B「AをBに変える」


No.5 "There are loose police guns out there " (from The Freeman(Philippines), 99/8/24)

「巷には警察の銃が野放しになっている」という見出し。

loose「解き放たれた,自由になった」(loose firearms「野放しの火器」という使われ方をする。 loose socksの場合は、「だぶだぶの」)、out there「そこで、そこに」

警察官に支給された銃のうちの200丁ほどが行方不明である、という記事。
警察官の中には、銃を返却しないまま退職したり、解雇されたり、無断欠勤したり(そのまま退職もしくは解雇になるのだろうが)するものがいるということだ。
これが問題となるのは以下の事情があるから。

It is by now an indubitable fact that a good number of policemen or ex-policemen are themselves involved in the very crimes they are or were supposed to prevent or solve.

「相当数の警察官、あるいは前警察官自身が、彼らが防止したり解決するはずの、あるいはそのはずであった犯罪そのものに関わっているということは、今や疑う余地のない事実である。」

a good number of〜「非常に数多くの〜」。be involved in〜「〜と関係している」。

いやはやなんとも。


No.4 "OAU teachers, students get ultimatum to quit cultism" (from The Guardian(Nigeria), 99/8/23)

文脈が不可欠であることを例証する見出し。
OAUは「Organization of African Unity アフリカ統一機構」ではなく、the Obafemi Awolowo University (OAU)。これだけでもかなりすごい。

ultimatum「最後通牒」、quit「やめる」、cult「にせ宗教,異教,新興宗教」、cultism「cultの信仰」

「OAUの教師、学生は怪しい信仰を捨てるよう最後通牒を突きつけられる」(見出し)わけだが、その理由がまた凄まじい。以下、記事の本文の一部、

The authorities explained that the latest move was not aimed at fishing out the perpetrators of the July 10 massacre, but simply to make the campus safe for every resident.

「当局の説明によれば、最近の動きは六月十日の大量殺人の犯人を探し出すことを狙いとしたものではなく、全ての学生にとってキャンパスがもっと安全であるようにするためのものに過ぎないということだ。」

キャンパスで大量殺人(massacre)があった(the murder incident on the the campus in the morning of July 10)のである。


No.3 "Turks focus relief work on demolition" (USA TODAY,99/8/23)

「トルコ国民は救援活動を取り壊しに集中させる」

focus「…を〔…に〕集中させる」は、"turn"という積もりで読んでいいところ(以下の、引用記事を参照)。demolition「 (建物などの)破壊,取り壊し」。

見出しは今日この日という文脈の中で読まれるべく書かれている。この見出しからだけでも、「トルコは災害救援活動の中心を生存者救済から崩れた建物の破壊・撤去に移す」と理解できる。

記事本文の一部、

"almost a week after last week's massive earthquake, officials have turned most relief efforts to rebuilding neighborhoods and ensuring public health."

「先週の大地震からほぼ一週間経ち、当局者は救援努力の大半を被災地域の再建と公衆衛生の確保に向けている。」



No.2 "Protest dogs bullfight" (from The Gazette(Canada), 99/8/22)

見出しだけでは半ばクイズ。モントリオールのオリンピックスタジアムで開催されたポルトガル式の闘牛(牛を殺すことはないらしい)に対し、動物愛護家たちが抗議に押し寄せた、という記事の見出し。記事本文にdogという語は現れない。犬とは無関係の記事。

記事の内容が分かって初めて、この見出しがSVOで、"dog"は動詞「〜をつけまわす」であるということに思い至る。
見ただけでは意味の見当のつきにくい見出しの例。


No.1 "On-Line Share Transactions Surpass 20 Percent" (from JoongAng Ilbo(韓国), 99/8/22)

韓国国内では「インターネットを利用した株式(有価証券)売買が総取引額の20%を超えた」、という見出し。

on-line「(有線・無線の)通信回線で(つながった)」(ここでは「インターネットを利用した」という意味);share=stock「株式」;transaction「取り引き」;surpasss「〜を超える」


top pageに戻る