Topics Around The World

この頁の末尾
No.51 "Ichiro a hero" (シアトルの二紙から。Tuesday, April 3, 2001)

   "THE SEATTLE TIMES.com"と"Seattle Post-Intelligencer Online"にどんな記事が掲載されたか。

   THE SEATTLE TIMES.comの表紙頁には、何とチチローの大きな写真[TOM REESE / THE SEATTLE TIMES](著作権が絡むため紹介できない)。写真には"Ichiro a hero"という題。以下は写真のキャプション。

Ichiro's father, Nobuyuki Suzuki, tips his hat to Mariner fans last night after his son's first major-league hit. Ichiro had two key hits as the Mariners came from behind to beat the Oakland A's, 5-4, in the season opener at Safeco Field.
(THE SEATTLE TIMES.com, Tuesday, April 03, 2001)

昨夜、イチローの父、鈴木宣之は、息子が大リーグでの初ヒットを打った後マリナーズのファンに帽子を少し持ち上げて挨拶。イチローは二本の価値あるヒットを打ち、マリナーズはセイフコ球場での開幕試合をオークランド・アスレチックスに5対4で逆転勝ちした。

(注) tip「〈帽子〉にちょっとさわってあいさつする」

   以下はシアトル・タイムズ[THE SEATTLE TIMES.com]の二つのイチロー関連記事の見出し。
@ Opening Night at Safeco Field: Ichiro translates to win by Bob Sherwin

   「セイフコ球場開幕の夜:イチロー勝利をもたらす」

A Dad takes in Ichiro's debut by Bob Finnigan

   「パパ、イチローの初舞台に見入る」

   次は同日付のシアトル・ポスト・インテリジェンサー[Seattle Post-Intelligencer](有名なハースト家の新聞)に見たイチロー関連記事。
@ M's win off the bat By GREGORY ROBERTS

   Randy Johnsonを98年に、Griffeyを99年に、2000年のシーズン後、Rodriguezまでも失った今年のマリナーズについて、ファンの声を紹介したこの記事には、"And as for this new guy from Japan, Ichiro what's-his-name, he's proven nothing yet on this side of the Pacific." 「それと、日本からの今年の新入団選手イチロー・何とかについて言えば、彼は太平洋のこちら側ではまだ何一つ証明していない。」と一行だけ。

A A Victory, For Openers: Ichiro keys rally By JOHN HICKEY

   「開幕戦勝利:イチロー、攻撃のきっかけを作る」

  (注) rally「集中攻撃」

B A new day dawns for hero Ichiro and Mariners By LAURA VECSEY

   「ヒーローイチローとマリナーズに新たな時代の幕開け」

C Television: Japanese media: All Ichiro, all the time By JOHN LEVESQUE

   ご覧の通り。

D Ichiro's choice of bat upstaged by results he produces with it By JIM MOORE

   「イチローのバット選択も、それがもたらした結果によって注目を集める」

   こんな一文がある。"If Ichiro sniffs, it's news."「イチローが鼻をすすれば、それもニュースだ。」

   開幕戦関連記事はこの他にもある。日本の新聞とは段違いの記事の量だ。量が多ければいいというものでもない。が、日本の新聞の記事の量は少ないというより貧弱であるというほうがふさわしい。<

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所