Topics Around The World

この頁の末尾
No.49 "Worsening behaviour 'linked to teacher shortage'" (by Will Woodward, education editor, Guardian Unlimited, Wednesday February 7, 2001)

   『問題行動の増加は「教師不足と関係」』(イングランドの初等教育事情)。1000語ほどの短い記事。

   中等学校の方が難しい事情を抱えていそうである。

Staff shortages are contributing to worse behaviour by pupils, lack of academic progress from ages 11-14, and a widening gap between low and high performers at secondary level, the chief inspector of schools in England warned yesterday.

教師不足が原因で、中等学校段階での生徒の問題行動、11〜14歳の生徒たちの不十分な学力向上、劣った指導実績と優れた指導実績間の格差の拡大が生じている、とイングランドの主任視学官が昨日注意を喚起した。

(注) the chief inspector of schools in England : Mike Tomlinson

   初等学校の運営は概ねうまく行っているように見える。
Delivering his first annual report, Mike Tomlinson said there was "much to celebrate", particularly in primary schools where in 40% of those inspected there was no unsatisfactory teaching at all. "The great majority of parents are pleased with their children's education," he said.

氏にとって初となる年次報告書を提出したマイク・トムリンソンの語るところでは、「称えるべき点が多い」、特に、視察した内の40%で指導に不満足な点が全く見られなかった初等学校部門においては、ということであった。「親の大多数は子供たちの教育に満足している。」と氏は語った。

   以下は、初等学校と中等学校の事情の相違を示している簡単な統計数字。
In schools where 5% or fewer pupils take free school meals, temporary teachers account for 3% of staff

In schools where 50% of pupils take free school meals, temporary teachers account for 10% of staff

Seven out of eight secondary schools are effective, as are nine out of 10 primary schools

More than six out of 10 lessons in both primary and secondary schools are well taught

Behaviour is unsatisfactory in one in 50 primary but in one in 12 secondary schools

学校給食を無料で支給されている生徒が5%未満の学校では、非常勤教師は全教師の3%を占めている。

学校給食を無料で支給されている生徒が全体の半数にのぼる学校では、非常勤教師は全教師の10%を占めている。

中等学校の8分の7、初等学校の10分の9が実効を挙げている。

初等学校、中等学校のいずれにおいても、10分の6以上の授業がきちんと行われている。

生徒の行動に問題があるのは、初等学校では50校中1校だが、中等学校では12校中1校である。

(注) account for ....「〜を占める」


【編集後記】
ま、当局の報告と数字だ。

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所