Topics Around The World

この頁の末尾
No.47 "Damilola family condemn Hague remarks" (The Times, 18:59 MONDAY DECEMBER 18 2000)

  「ダミロラ君の家族、ヘイグ氏の発言を非難」(No.45「10歳の少年、刺されて出血多量死」の関連の短い続報記事)+「この記事の数日後、別の紙面に見たヘイグ氏評」)
(注) Damilola Taylor君(10歳)は、下校時に若者の不良集団に刺され、出血多量で亡くなった。彼は、今年[2000年]の初め、家族とともにナイジェリアから英国にやって来た。

  予想もつかなかった展開だ。

Tory leader William Hague stood accused tonight by the parents of murdered schoolboy Damilola Taylor of using their son’s death as a political football.

保守党のウイリアム・ヘイグ党首は、殺害された小学生ダミロラ・テイラー君の両親に、彼らの息子を政治的かけひきに使っているとして避難される羽目に立ち至った。

(注) stand + C「Cであるという状態にある」;accuse A of B「AをBのことで避難する」

   ヘイグ党首の正確な発言内容は載っていないが、おおよそ次のようなことだ。
Mr Hague had appeared to link Damilola’s murder to lower police numbers and poor morale among the Metropolitan Police

ヘイグ党首(の発言)は、ダミロラ君殺害を首都警察の警察官の数の不足と低い士気に結び付けているように思えた。

(注) appear to不定詞「〜するように見える」

   ヘイグ氏は引き下がるつもりはないようである。
Mr Hague was singled out for criticism by the family of the dead boy, but tonight he insisted that he would not be ”bullied” into letting the issue of police numbers and morale drop.

ヘイグ党首は亡くなった少年の家族による批判の対象に一人選び出されることになったが、氏は今夜、「脅されて」も警察官の数と士気の問題が取り下げられるようにするつもりはないこと強調した。

(注) bully + O + into -ing「Oを脅して〜させる」

   人種問題も絡んでいるため、取り扱いは慎重に、が公約数であるように見える。
Earlier, Tony Blair’s official spokesman had cautioned politicians against entering into such a sensitive arena.

先立って、トニー・ブレア首相の報道官は、政治家にこのような微妙な問題を論じることに対する注意を喚起していた。 

(注) enter into ....「〜を論じる」
(注) caution + O + against -ing 「Oに〜することに対する警告を発する」

   この問題の微妙さは以下のような発言にも窺われる。
He said: ”The people who are responsible for Damilola Taylor’s death are the people who killed him. Politicians should think pretty carefully before diving into ongoing murder investigations.”

首相報道官は次のように語った。「ダミロラ・テイラー君の死に責任を負うべきは少年を殺害した人物です。政治家は進行中の殺人事件捜査に首を突っ込む際には、極めて慎重であるべきです。」 

   あらためて、合掌。


   このヘイグ氏については、この記事の数日後、別の新聞に、こんな手厳しい評も見かけた。
The Leader of the Opposition was foolish in the extreme to link his general assault on the Government's policy on crime with an individual case, that of the murder of Damilola Taylor, particularly when the grief of the Taylor family was still so raw.

野党の党首は愚かの極みにも、政府の犯罪取り締まり政策に対する氏の一般的批判をある特定の事件、ダミロラ・テイラー君殺害事件と、それもテイラー君の家族の悲嘆が未だ余りにも生々しい時に、関連づけた。

(注)William Hague が党首を務める保守党の、右に片寄りすぎた路線が有権者の支持を失っているという記事。
(注)The Leader of the Opposition:William Hague
(注)in the extreme 「この上なく」

(Mr Hague should listen to Mr Clarke and move his party back to the centre, The Independent, 22 December 2000)

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所