Internet Semi : Topics Around The World


No.40 " Survey Finds Teens Using Cigarettes, Drugs Less" (By David A. Vise from Washington Post.com, Friday, September 1, 2000)

『十代の煙草、薬物使用率減少』。12歳以上の十代の若者67000人を対象にした薬物使用調査、及び今年度の薬物使用に関する全国調査(National Household Survey on drug use)に見られる統計数字を幾つか紹介します。

Teenagers' drug use declined by 9 percent last year and by 21 percent over the past two years, mirroring the continuing drop in the crime rate, according to a major survey that federal officials released yesterday.

「十代の若者たちの薬物使用は昨年度は9%、過去二年で21%減少、これは犯罪率が継続的に低下していることを反映する数字である。(連邦政府当局者が昨日公表した大規模調査の結果)」

使用率の減少幅は以上の通りだが、記事の中に現在の使用率はない。数字を出さないのには意図があるのかないのか。
喫煙率はある。
Cigarette use among teens fell from 19.9 percent in 1997 to 15.9 percent last year.

「十代の若者たちの喫煙は1997年の19.9%から昨年は15.9%に低下した。」

次は政府当局者の発言。
We have miles to go when 14.8 million Americans were current users of illicit drugs in 1999. And we have miles to go if even a single young person is letting his or her dreams--and life--go up in a cloud of marijuana or cigarette smoke.

「1480万人のアメリカ人が1999年時点で法律で禁止された薬物の使用者である以上、われわれにはまだなすべきことがある。それに、若者の1人でもその夢が、そして人生が、マリファナやタバコの煙に消えるがままにしているとしたら、われわれにはまだなすべきことがある。」

以下は、(多分)民間団体"the Partnership for a Drug Free America"の広報担当、Howard Simonの発言。
Simon said that although the results of the household survey are encouraging in regard to teenagers, they highlighted a serious problem among 18- to 25-year-olds, whose rate of illegal drug use increased 28 percent in the past two years, from 14.7 percent to 18.8 percent.

「サイモン氏によれば、(今年度の薬物使用)全国調査の結果は十代の若者に関しては心強いものではあるのだが、この調査は18歳から25歳の年齢層間にある深刻な問題を浮き彫りにした。その人たちの違法な薬物の使用率は過去二年で14.7%から18.8%へと、28%増大したのである。」

以下は、National Drug Control Policy Director Barry R. McCaffrey の発言。
"Sadly, now that this age group has established drug use patterns, they and our society will be dealing with the harms associated with increased drug use and disease, overdoses, health care costs, crime and the like for years to come as they grow older," he said.

「残念なことに、この年齢層の人々が薬物使用の習慣を身に付けてしまっている現在、彼らと私たちの社会は、増大した薬物使用と病気に伴う種々の弊害に、即ち、薬物の過剰摂取、保健医療費用、犯罪またそれに類する事々に、今後、彼らが年齢を重ねるのと共に、対処して行くことになるだろう。」

以下は、全米50州とワシントン特別区で行われた全国調査の結果。
In the District, 7.6 percent of those interviewed said they used illegal drugs in the past month, while 5.3 percent of those in Maryland and 4.7 percent of Virginians said they used illicit substances.

「ワシントン特別区では、面接調査を受けた人たちの7.6%が、過去一ヶ月間に違法な薬物を使用したことがあると述べた。また、メリイランド州では5.3%の人々が、バージニア州では4.7%の人たちが(過去一ヶ月間に)違法な薬物を使用したことがあると語った。」

合衆国ではタバコと薬物はほぼ同列に置かれていることが次の文で分かる。
In response to the report, President Clinton called on Congress to fully fund the administration's anti-drug and anti-smoking initiatives.

「こうした調査報告に応じて、クリントン大統領は議会に政府の反薬物・反喫煙政策に十分な予算を認めるよう求めた。」

日本でも同様の全国調査が行われる日も遠くないのであろう。
Topics Around The Worldのpageに戻る top pageに戻る