Topics Around The World

この頁の末尾
No.25 "Kids--They Grow Up So Fast These Days" (By JESSICA REAVES, Time.com, Friday, Nov. 19, 1999)

   「子供たち―いまどきは大人になるのが余りにも早い」。

   副題、A 13-year-old is charged -- and convicted -- with murder as an adult. Has this trend gone too far?「13歳の子供が、成人として殺人(謀殺)罪で告訴され,しかも有罪を宣告された。この趨勢には手の施しようがないのか。」

Boys will be boys -- except in a growing number of courts, where they are men.

男の子は男の子である、ただしますますその数を増やしている法廷という場を除けば、のことだ。そうした法廷においては彼らは男である。

(注)A baby will cry.「赤ん坊は泣くものだ」という will。

   もはや一部の法廷では子供は子供ではなく、大人の男ということなのである。

   問題の発端。

Two years ago, the then-11-year-old Abraham borrowed a .22 caliber rifle, sat on a hillside in a Detroit suburb, and shot stranger Ronnie Greene, Jr. in the head.

二年前、当時11歳のエイブラハムは22口径のライフルを借り、デトロイト郊外のある地区の丘の中腹に腰を据え、見ず知らずのロニー・グリーン・ジュニアの頭部を撃ちぬいた。

   弁護側は偶発事故と主張し、検察側は「彼が友人たちに人を殺すと吹聴していた」と主張。
The trial ended Tuesday with a verdict of second-degree murder.

公判は火曜日に結審し,(過失による)第二級謀殺の評決が下った。

   合衆国では子供を大人として裁ける法律が多くの州で施行されている。
The trial became a case study of sorts. Under the microscope: A three-year-old Michigan law, the most stringent of its kind, which permits prosecutors, with a judge's permission, to try children as adults.

この裁判はいわば事例研究となった。綿密な検討の対象となっているのは,3年前に制定されたミシガン州の法令で,この種のものでは最も厳格なもので、それに拠れば,判事の承認があれば、検察側は子供を成人として裁くことが可能となる。

(注)put O under the microscope「〜を詳細に調べる」

   子供による犯罪の増加がこの背景にある。

"The theory behind this law," says TIME Detroit bureau chief Nichole Christian, "is that because more and more children nationwide are committing crimes that we generally think of as 'adult crimes,' these kids should be tried as adults." .

タイム誌デトロイト支局長ニコル・クリスチャンによれば、「この法令の根拠となっている考え方は,私たちが『成人の犯罪』と見なすのが普通である犯罪を、全国的にますます多くの子供たちが犯している以上,こうした子供たちは成人として裁かれるべきだ、というものである。」

(注)think of A as B「AをBとみなす」

   この厳しい法令への反対意見。
For instance, says Fieger(Abraham's defense lawyer, Geoffrey Fieger), an adult with the mental age of an 11-year-old could present a "diminished capacity" defense, so what's the logic in assigning adult capabilities to an 11-year-old? (Especially one who is, according to defense psychologists, operating on the level of a six-year-old?)

フィージャー(エイブラハムのの弁護士ジェフリー・フィージャー)は言う。例えば,11歳の精神年齢の成人の場合、「不十分な責任能力」という弁護が可能だ。とすれば、成人の責任能力が11歳の子供(特に,弁護側の心理学者によれば、6歳の子供の水準で行動している子供)にあるとするのにはどんな合理的根拠があるというのか。

(注)diminished capacity「責任を負う能力が十分にはないこと」;assign A to B「AをBに設定する・割り当てる」

   検察側も軟化している。

prosecutors indicate they may be willing to ease up in the sentencing phase, offering the possibility of eight years of juvenile detention followed by a psychological reassessment and, potentially, parole.

検察側は、刑の宣告段階で態度を軟化する用意があることを示唆し,8年の少年鑑別所送りとその後の心理学的再評価,また、場合によっては執行猶予の可能性を言い出している。

(注)juvenile detention「少年院送り」

   果たして判事はどんな判決を下すことになるのか。
"It's too early to say how the judge will sentence Abraham," says Christian(TIME Detroit bureau chief Nichole Christian). "But there is a realization, in this case, at least, that this boy is still a boy."

「判事がエイブラハムにどんな刑を宣告するか言うのは早計だ。」とクリスチャン(タイム誌デトロイト支局長ニコル・クリスチャン)は言う。「しかし,この裁判では,いずれにせよ、この男の子はまだ男の子だという認識はある。」

   子供の犯罪者を十派ひとからげ、で済まないことは確かだ。

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所