Topics Around The World

この頁の末尾
No.23 " Stops halted" (By RONALD ZAJAC, Brockville Recorder & Times(Canada), Wednesday, November 10, 1999)

   「(一時)停止(標識設置の訴え)は止められる(却下される)」。

   言葉の遊びを交えたこの見出しは、記事に目を通して初めて合点が行く。こんな見出しが面白い。

City councillors handily defeated a proposal Tuesday night to place stop signs at every city intersection that doesn't currently have a stop or yield sign, calling the move unnecessary and impractical.

市議会の議員たちは、火曜の夜,一時停止標識も歩行者優先標識も現在のところついていない市の交差点全てに一時停止標識を設置するという提案を簡単に退け,そうした処置は無用かつ非現実的であるとみなした。

(注)a proposal to place 〜「〜を設置するようにという提案」;a stop sign「一時停止標識」;a yield sign「(歩行者に)道を譲れ、という標識、歩行者優先標識」;callingの意味上の主語は City councillors。call + O + C。

   こうした判断の簡潔な根拠、
"The job of the roads is to move traffic,"

「道路の役割は車が流れるようにすることだ。」

   以下は設置推進派の意見。
The signs would make the corners safer and the five-year plan would only cost about $4,500, Journal said, adding it's important to be diligent about safety, especially where there are children walking to and from school.

標識があれば交差点がより安全になるだろうし,5年計画にかかる費用も4500ドル位にしかならないはずだ、とジャーナル(議員)は述べ,特に子供たちの通学路では、安全に関して入念であることは大切である,と付言した。

(注) Journal : ラリー・ジャーナル議員[Councillor Larry Journal]。
(注)二つのwouldはいずれも仮定法に由来すると考えていい。「もし標識を設置すれば、その標識は…であろう」といった具合。especially where以下は、「特に子供たちの通学路では(歩いて通学する場所においては)」。whereは接続詞。

   次は反対意見。
But putting stop signs at all uncontrolled intersections is "an overreaction," Councillor Bob Huskinson said.

しかし、標識のない交差点全てに一時停止標識を設置するというのは「行き過ぎた対応」だ、とボブ・ハスキンソン議員は述べた。

Drivers in Brockville already find its many stop signs irritating and the experience is made worse by jaywalkers, he said.

ブロックビルの運転者たちは、一時停止標識が多くてうんざりしているところへもってきて、好き勝手に道路を横断する人たちがいるために、そのいらいらは募っている、と彼は述べた。

(注)jaywalker「交通規制[信号]を無視して道路を横断する人」

   どこにでもありそうな意見の対立である。最後に、標識設置推進派の《捨て台詞》めいた見解。
Councillor Stu Williams, the sole defender of Journal's plan, said under the current guidelines, the city puts up stop signs after children get run over. He called that situation "ludicrous."

スチュー・ウィリアムズ議員はジャーナル案のただ一人の擁護者であるが,現在の(標識設置)指針によれば,市は子供たちが車に轢かれてから一時停止標識を設置することになる,と述べた。彼に言わせればそのような事態は「烏滸(おこ)の沙汰」だった。

   どこでもこんなものさ、と片付けたら、斜に構えすぎだろうか。

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所