Topics Around The World

この頁の末尾
No.22 " The Pope's coming " (by Mark Manuel, Afternoon Despatch & Courier(India), November 3, 1999)

   「ローマ教皇のインド訪問計画」(画面でさっと目を通すにはやや分量の多い論説)。

   副題、Should he apologise or not? 「法王は謝罪すべき否か。」

   何の変哲もない表題と興味をそそる副題。次の部分を読むとますます謎が深まる。

Strangely, when the story(the Pope coming to India this year) appeared, there was widespread disbelief. The Pope coming to India? What nonsense! And the loudest noises were made from within the Catholic community itself.

不思議なことだが,あの記事(ローマ教皇,今年訪印)が出たとき,信じられないという声が強かった。ローマ教皇がインドにやって来るだって。無意味の極みだ。しかも、あれこれと騒ぎ立てる声がもっとも聞こえてきたのはカトリック社会そのものの内部からだった。

(注) "the loudest noises were made" は "make noises"「騒ぎ立てる」に形容詞が加わった受動態。

   以下の部分を読むと少し謎が解ける。
The Pope, poor man, now stands to find himself being defrocked in India if he comes here unprepared to apologise publicly and condemn the religious conversion activities of Christian missionaries in this country. That, and the atrocities perpetrated upon the Hindus by Portuguese rulers in Goa half a century ago.

ローマ教皇は、もしこの国におけるキリスト教宣教師たちの改宗活動を公的に謝罪し、糾弾する覚悟なしに当地を訪れれば,気の毒なことに,インドで化けの皮をはがされるということになりかねない。改宗活動,及び半世紀前にゴアでポルトガル人支配者によってヒンドゥ教徒に加えられた数々の残虐行為を、である。

(注) stand to不定詞 「〜しそうである,しそうな形勢にある」;find + O + C「OがCであることに気づく・分かる」; defrock「…の聖職を剥奪する」;conversion「改宗」;atrocity「残虐行為」;perpetrate「〈犯罪・過失など〉を犯す」。

   これに対しては"for"と"against" の意見がある。まず"for"の方から。
Should the Pope apologise? No doubt about it, because the Sangh Parivar will not have him here otherwise.

ローマ教皇は謝罪すべきか。謝罪すべきなのは確かだ。さもなくばSangh Parivarは教皇をこの地に受け入れはしないからである。

(注) "the Sangh Parivar"は「ヒンドゥー原理主義者」といったところ。以下は簡単な紹介。

"This group of organizations, known as the sangh parivar, has a distinctive ideology that claims India is a Hindu nation and that minorities in it, particularly the Muslims, may live in India only if they acknowledge these claims."

(Spotlight: Secularism in South Asia from Year in Review 1995: world-affairs)

   "against" の意見は以下のとおり。
Or should he not? The Catholic community of India thinks the Sangh Parivar's call for a public apology by the Pope for past sins by Western Catholics is distasteful.

あるいはローマ教皇は謝罪すべきではないか。インドのカトリック社会は、西洋のカトリック教徒による過去の罪過をローマ教皇が公的に謝罪するのをSangh Parivarが求めているのを不快だと思っている。

   インド政府はローマ教皇を国賓として迎えようとしている。以下は反対派の考え。
if the Pope was coming to India as a religious head, then no state honour should be extended to him.

ローマ教皇が宗教的指導者としてインドを訪れるのだとすれば,国賓待遇で迎えるべきではない。

   最も至極と思われる以下の主張。
the pontiff should refrain from proclaiming Christianity as the only way for salvation.

ローマ教皇は、キリスト教が唯一の救済の道だと言い立てるのを控えるべきだ。

(注) pontiff「ローマ教皇」

   キリスト教に対する不信には、キリスト教宣教師たちが人々を金で釣っていたのではないかという疑念もある。
conversions were going on in tribal and other areas of the country and Christian missionaries were misguiding people and luring them by money.

改宗が国内の少数部族の,またその他の地域でも続いていたし,キリスト教宣教師たちは人々を誤った方向へと導き,人々を金で誘っていた。

   そして、インドのキリスト教社会は、切り札を出す。
"The demand for an apology from the Pope is distasteful. How far back in history can we go? Do you expect Macedonia and Greece to apologise for Alexander's invasion of India? Instead of raking up the past, we should join hands in the great task of nation building. We are all Indians. We can have a mutual dialogue provided it is strictly religious."

ローマ教皇による謝罪の要求は不快である。我々は歴史をどれくらいまで遡ることが許されるのか。マケドニアやギリシャがアレキサンダーのインド侵略を謝罪するのを期待するのか。過去を蒸し返すのではなく,我々は手を携えて国家建設という大仕事に向かうべきである。我々は皆インド人である。宗教という範囲に限れば,対話は成立するのだ。

(注) rake up the past「過去をむしかえす」

   "How far back in history can we go?" これは歴史を考える上で、繰り返し向き合わねばならない課題である。筆者Mark Manuelはこの論説の終わりに、バジパイ政府の寛容さ(the Vajpayee government's magnanimity)を指摘した上で、彼自身の考えを簡潔に述べている。
For this generosity and large-heartedness alone, Pope John Paul II should condemn the conversions that have taken place in the country. That would be the Catholic thing to do.

こうした寛容さと大度のためだけであっても、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はこの国で行われてきた数々の改宗活動を糾弾すべきである。それがカトリックのなすべきことである。

(注) large-heartedness「大度」

   インドは大国である。

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所