Topics Around The World

この頁の末尾
No.14 "UNEMPLOYMENT IN GREEE IS ON THE RISE" (Macedonian Press Agency : Greece , 18/09/1999)
(注:GREEEはもちろんGREECEのミスタイプ。揚げ足を取っているわけではない。ミスタイプを完全に避けることは出来ない。)

   「国内の失業率上昇中」

   珍しく分かりやすい見出し。今回は、海の彼方の失業率を覗いてみる。

An unemployment increase is being recorded in Greece. According to a European Commission report that was made public yesterday, unemployment in Greece was 11.7% in 1998 compared to 9.6% in 1997.

On the contrary, in the rest European Union states the percentage of the unemployed has dropped to 10.1% from 10.7%.

ギリシャでは失業率の上昇が見られつつある。昨日公表されたヨーロッパ委員会の報告書によれば、ギリシャの失業率は、1997年の9.6%と比べて、1998年は11.7%だった。

反対に、ヨーロッパ同盟諸国では失業者の率(失業率)は10.7%から10.1%に下がった。

   難しい単語、表現はないと思います。もう一つ、同新聞から、最近ギリシャを襲った地震に関連する記事。
AFTERSHOCK MEASURING 3.8 IN ATHENS

An aftershock measuring 3.8 on the Richter scale was recorded in Athens last night and came from the same epicenter that gave the devastating earthquake of 5.9 on the Richter scale that hit Athens on September 7. According to seismologists, the aftershock activity recorded is normal.

マグニチュード3.8を示す余震が昨夜アテネで記録され、その余震は9月7日にアテネを襲ったマグニチュード5.9の激しい地震をもたらしたのと同じ震央からのものだった。地震学者によれば,記録された余震活動は通常のものである。

(注) aftershock「余震」;Richter scale「リヒタースケール《地震の規模(magnitude)を表す尺度》」;epicenter「震央《震源(focus)の真上の地表の1点》」;seismologist「地震学者」

この頁の先頭


"Topics Around The World"の頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所