独言独歩
中村雄二(現文講師)のコラム

1.ロボット

   今から五十年、百年後、人間に匹敵あるいは人間を凌駕するロボットが誕生するかもしれないと語る自然科学者に、人間がなにものか、そのほんの一端を披瀝せんがため、私は彼の眉間に錐の深い一撃を見舞おう。もとより彼に何の恨み辛みもない。老婆心のなせる技である。

(「20世紀プロジェクト:世紀末・人類最先端スペシャル」(TBS、1999年5月5日、午後七時〜)を見て)


「独言独歩」の目次頁に戻る / top pageに戻る

All Original Material and HTML Coding Copyright © DIGBOOK.COM:TOKYO. All Rights Reserved.
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)