『雑想雑感』 (野島明) 

*

「ルミタニモラタヤ」さんのこと

   その姓名が、「ルミタニ・モラタヤ」であるのか「ルミ・タニ・モラタヤ」であるのか判然としなかった(注1)人は、「ルミ・谷・モラタリャ」さんであることをある新聞記事で教えられた。

   古事記をスペイン語に完全翻訳した「KOJIKI」をスペインで出版した(注2)

という記事である。

   NHKラジオスペイン語講座の講師をしていたモラタヤさんは、現在ストラスブール大学大学院研究員であるとのこと。氏と私とは格別の接点はないものの、氏が古事記のスペイン語訳に取り組んでいたことを知り、実に、感慨無量である。更に、翻訳を完了し出版にまでこぎつけたとは、慶賀の至りであるという他はない。

  

記 〇九年二月

(注1)
テキストなしで、漫然とラジオスペイン語講座を聞き流していたのである。「ヤ」「ジャ」「リャ」などと日本語表記される音のスペイン語の綴りは"lla"

(注2)
スペイン語で『古事記』完訳版 仏の日系大学院生が出版 (www.tokyo-np.co.jp、2009年1月26日)



『雑想雑感』の目次頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)