『雑想雑感』 (野島明) 

*

でもやっぱり、"The times they are a-changin'." (注1)

   私がかつて生命保険に加入していた第百生命は今はなく(同社が破綻する少し前に解約したから格別の損害をこうむることはなかった)、バブルのころ人並みに証券口座を作ってみた三洋証券も、同証券が破綻する直前に株券を預け変えた山一證券も姿を消した(山一證券が破綻する直前にすべて清算したから、殆ど損害はこうむってはいない)。

   銀行口座はと言えば、東京で初めて借りたアパートの最寄り駅近くに協和銀行の支店があったからそこで銀行口座を作り、次に移り住んだアパートの最寄駅前には平和相互銀行があったから、そこでも銀行口座を作った。その後、協和銀行は埼玉銀行に、平和相互銀行は住友銀行に吸収され、埼玉銀行は何とか銀行と合併し別の名称の銀行となり、住友銀行はいまや三井住友銀行である。


記 〇六年七月

(注1)
「ご契約者の皆様へ」(『(続)折々のコラム』)の末尾参照。


『雑想雑感』の目次頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)