『雑想雑感』 (野島明) 
『雑想雑感』の目次頁に戻る
この頁の末尾

*

川舟の安全なんぞ……

   合衆国ではこの夏、竜巻で多数の人々が亡くなった。日本では大したニュースにもならない。大震災の死者行方不明二万人余の前では、ちょっとした交通死亡事故ほどにしか感じない。

   川舟が転覆し数名死亡。社長が謝罪。川舟の安全性が問われ、安全対策が云々される。

   川舟の安全なんぞ……。そこらを歩いていたって運が悪ければ自動車やバイクや自転車がぶつかってきて、命を落とすのだ。

   川船運営会社の社長が頭を深々と下げて謝罪していたが、東電の社長はそのドタマを地面に思いきり叩きつけ額をぶち割って謝罪しようが、そのドタマをそのまま地球の中心までめりこませて謝罪しようが、到底足りるものではない。

  

記 二千十一年八月

この頁の先頭

『雑想雑感』の目次頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)