『破れかぶれ時事想論』 (野島明) 
目次頁に戻る
この頁の末尾

二千十年五月

*

食欲そそらぬアップル

   嘘か誠か、こんな情報を耳にすると、天邪鬼の虫が騒ぐ。

   米アップルが“独裁”路線を加速している。国内家電量販店のネット通販が突如停止され、28日に発売する小型情報端末「iPad(アイパッド)」でも販売店舗を大幅に制限した。人気の高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」では、ソフトの選別・排除を強めている。向かうところ敵なしのアップルに量販店は“服従”を余儀なくされているが、ソフト業界では“レジスタンス”の動きも出ている。(注1)
   細かな事実関係の真偽はともかく、アップル社が独裁路線を突っ走っているのは確からしいと思われる。
   アップルによる強権発動は、量販店に対してだけではない。
   米ソフトウエア大手アドビ・システムズの「フラッシュ」。ネット上で動画を表示する際に広く利用されているソフトだが、iPhoneでフラッシュを使っているサイトに接続すると動画が表示されない。フラッシュを非対応としているためだ。iPadでも同様の措置が取られている。(注1)
   さらに、
   3月にはネットベンチャー「頓智.」(トンチドット)が開発した、自分のいる場所を特定し周辺の情報を呼び出せる人気ソフト「セカイカメラ」がアップストアから削除された。その後、復活したが、業界では「意に沿わない開発手法がアップルの逆鱗に触れたようだ。明確な説明もなく排除されるケースも散見される」(コンテンツ開発会社)といわれている。だ。iPadでも同様の措置が取られている。(注1)
   別の記事から。
   携帯音楽プレーヤーの「iPod(アイポッド)」やパソコンの「マックブック」など米アップル社の製品が大手家電量販店のインターネット通販サイトの大半から一斉に消えている。ゴールデンウイーク商戦直前に一体何が起きたのか?(注2)
   正々堂々たる理由があってのことではなさそうである。
   この問題についてアップル日本法人に問い合わせたが、回答は得られなかった。(注2)
   黒いりんごはどうにも食欲をそそらぬ。

記 二千十年五月

(注1)
【ドラマ・企業攻防】アップル“独裁”加速 量販店は服従、ソフトは抵抗も (sankei.jp.msn.com, 2010.5.22 18:00)

(注2)
アマゾンでは買えるのに…アップルが量販店サイトで買えないワケ (zakzak.co.jp, 2010.04.27)


この頁の先頭

目次頁に戻る / 表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)