『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その二十六の(2)(2011年7月〜9月のドラマ)

総括


江〜姫たちの戦国』(主演:上野樹里)(NHK総合)

   視聴継続中


ブルドクター』(主演:江角マキコ)(日テレ系)

   一応最後まで見はしたが……、てなところ。


ろくでなしBLUES』(主演:青柳翔)(日テレ系)

   初回で視聴終了第一号


それでも、生きてゆく』(主演:瑛太)(フジ系)

   初回で視聴終了第二号


名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』(主演:溝端淳平)(日テレ系)

   早送りしながらではあるが、最終回まで見て、ああ、つまんなかった。忽那汐里には期待したが、ここでの演技には失望。


美男ですね』(主演:瀧本美織)(TBS系)

   初回で視聴終了第三号


ドン★キホーテ 』(主演:松田翔太)(日テレ系)

   初回で視聴終了第四号


花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス』(主演:前田敦子)(フジ系)

   初回で視聴終了第五号


華和家の四姉妹』(主演:観月ありさ)(TBS系)

   観月ありさは女優の世界でやはり独特の地位を勝ち取っていることを改めて示してくれた。いけずうずうしい女を演じながら嫌味を感じさせず、滑稽な雰囲気をも醸し出し、ついにはいい女が立ち現れるというとてつもない役柄を演じたのである。

   この手の役柄は演技力だけでこなせるものではない。極めて貴重な天性に恵まれた女優である。おばさんになっても主役を張れる。


全開ガール』(主演:新垣結衣)(フジ系)

   初回で視聴終了第六号


IS(アイエス)〜男でも女でもない性』(主演:福田沙紀)(テレ東)

   第二回で視聴終了


犬を飼うということ』(主演:錦戸亮)(テレ朝系)

   初回で視聴終了第七号


マルモのおきて』(主演:阿部サダヲ)(フジ系)

   初回で視聴終了第八号


ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(主演:黒木メイサ×多部未華子)(テレ朝系)

   黒木メイサは城田優とのキスシーンで唇を開いての本格的なキスを演じていた。見事。格闘場面でも身体の動きは感心させられるばかりだった。

   黒木メイサの女優根性満開のドラマに仕上がった。それに比べ、多部未華子、おとなしい下着場面があったきり。全体的にかげ薄く、ずいぶん差が開いた、と感じざるをえない。


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

新・警視庁捜査一課9係』(主演:渡瀬恒彦)(テレ朝系)

   ぼちぼち見た、というところ。特に可もなし不可もなし。ということは昨今のテレビドラマ全般のお粗末さを考慮すると、まずまずという点数がついてしまう。困ったもんだ。まだ続くんだろうな。

24 シーズンV』(主演:キーファー・サザーランド)(テレ東系)

   フジテレビで一度見たやつの再放送であった。

絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査』(主演:上戸彩)(フジ系)

   これ以上の続編はご容赦願いたい。お粗末。

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』(主演:伊藤淳史)(フジ系)

   期待せずに見始めたが、なかなかの力作。推理小説と違って推理ドラマなんてのはほとんど存在しないのだが、このドラマは推理ドラマになっており、それもそこそこの出来に仕上がっていた。予想外のことであった。

  


   新番組で初回から最終回まで見続けたのは、『ブルドクター』、『華和家の四姉妹』、『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』。今期も不作の極み!

   一等なし、二等に『華和家の四姉妹』と『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』、三等に『ブルドクター』。少々甘い採点。観月ありさと黒木メイサの力演がすべて。




(記 2011年10月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)All Rights Reserved