『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その二十五の(1)(2011年4月〜6月のドラマ)

初回〜第二回


江〜姫たちの戦国』(主演:上野樹里)(NHK総合)

   視聴継続中。

   ここに来て、上野樹里は騒々しいが存在感薄く、宮沢りえの淀君が主役だ。

   視聴継続


名前をなくした女神』(主演:杏)(フジ系)

   五分だけ見た。

   題材にも、主役、杏にも魅力を感じない。なぜ感じないか。すべてがまだまだなのである。

   ところで(従って、と言うべきか)、何で杏が主役なんだ。

   初回で視聴終了第一号


遺留捜査』(主演:上川隆也)(テレ朝系)

   出だしを見ていて、はて、どうかな、と首をひねっていたが、最後まで見終え、まずまずの出来。

   少々作りすぎの感あることは否めない。主役のこだわる遺留物をめぐって物語りは進行するという定型。

   視聴継続


マドンナ・ヴェルデ』(主演:松坂慶子)(NHK総合)

   初回、二十分見た。残念。興味深そうな題材を取り上げながら、製作者は私の関心をつなぎとめることができなかった。

   要するに、面白くなさそう、と思ったから二十分しか見なかったのである。

   初回で視聴終了第二号


幸せになろうよ』(主演:香取慎吾)(フジ系)

   黒木メイサの登場の仕方にも工夫あり、上々の滑り出し。

   視聴継続


生まれる。』(主演:堀北真希)(TBS系)

   三分くらい見て止め。以上。

   初回で視聴終了第三号


犬を飼うということ』(主演:錦戸亮)(テレ朝系)

   五分くらい見て止め。水川あさみは贔屓にしているんだが。

   初回で視聴終了第四号


グッドライフ』(主演:反町隆史)(フジ系)

   無理がたたらねばいいが。いまどきこんな仕事人間を主役にすえるなんて。

   仕事人間の父親といい子に過ぎる子供。作り過ぎである。とにかく筋書きを作り過ぎ。無理筋ってやつになってしまっている。

   視聴継続


マルモのおきて』(主演:阿部サダヲ)(フジ系)

   五分だけ見て、止め。

   初回で視聴終了第五号


鈴木先生』(主演:長谷川博己)(テレ東)

   我慢しながら十分、二十分と見続け、とうとう初回を見終えた。

   学校モノは好みではないから、主演の長谷川博己は、さて、どうだろう、という点を除いて、殆ど期待してはいなかったが、癖球、といえるドラマである。

   視聴継続


アスコーマーチ』(主演:武井咲)(テレ朝系)

   武井咲には期待しつつも、好みではない学校モノであるから、お手並み拝見、というところであった。相当に漫画であるが、武井咲が頑張っている。。

   視聴継続


リバウンド』(主演:相武紗季)(日テレ系)

   四分見て、止め。相武紗季主演では期待しようもない、という先入観もある。主役によっては相当に期待するから、少々退屈気味の出だしでも、もう少し付き合うのであるから、ある意味で、お相子あいこ、である。

   初回で視聴終了第六号


高校生レストラン』(主演:香里奈)(日テレ系)

   テレビで報道されることも少なくない題材であるから、多少の事情に通じている。そのせいもあってか、初回、面白く見させてもらった。

   視聴継続


失恋保険 告らせ屋』(主演:城田優)(日テレ系)

   その他の俳優の演技の《お上手さ》に呆れてしまった。下手な俳優を使うことに格別異議を唱えはしないが、そんな俳優に台詞の多い役を割り振るのはいかがなものか。

   スタントマンの不手際のせいで大怪我をし、車椅子生活を余儀なくされたという女が出てきた回。第何回目であるか分からないが、我慢して見はしたものの、演技の《お上手さ》には呆れるばかり。

   実質的に初回で視聴終了


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

JIN―仁』(主演:大沢たかお)(TBS系)

   十分拡大くらいで十分であった。無理やりの初回二時間拡大版。

24 シーズンV』(主演:キーファー・サザーランド)(テレ東系)

   気が向いたら時には見るかも、と言った程度。見ないな、結局。多分フジ系ですでに見ている。

渡る世間は鬼ばかり』(主演:泉ピン子)(TBS系)

   これまで見たことはなく、今回も無視。

BOSS』(主演:天海祐希)(フジ系)

   たいしたことないなぁと思いながら見ている。一応視聴継続しては見るけれども。

  





(記 2011年5月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)