『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その二十一の(2)(2010年4月〜6月のドラマ)

総括


龍馬伝』(主演:福山雅治)(NHK総合)

   視聴継続中。

   ただし、その二十の(1)(2010年1月〜3月のドラマ)で指摘したことは有効である。


八日目の蝉』(主演:壇れい)(NHK総合)

   初回で視聴終了第一号


警部補・矢部謙三』(主演:生瀬勝久)(テレ朝系)

   初回で視聴終了第二号


絶対零度〜未解決事件特命捜査』(主演:上戸彩)(フジ系)

   やっぱり薄い主役の影。加えて、題名負け。「絶対零度」って何だ(分かったような分からぬような説明はありはしたが)。

   三回か四回まで見て視聴放棄するところだったが、どういうわけか最終回まで見続けた。筋書きに工夫があったということだ。

   最終的に、敢闘賞


Mother』(主演:松雪泰子)(日テレ系)

   初回で視聴終了第三号


素直になれなくて』(主演:瑛太)(フジ系)

   初回で視聴終了第四号


警視庁失踪人捜査課』(主演:沢村一樹)(テレ朝系)

   結局、面白くはなかった。

   第三回ほどで視聴終了


タンブリング』(主演:山本裕典)(TBS系)

   最終回まで見ることは見たものの、早送りの時間も次第に増えていった。体操の演技は吹き替えではないということだから、若い出演者の努力は多とするが、演技も未熟、脚本も未熟。

   私が最終回まで見ること自体、数少ないことであるから、あまりけなすわけにも行かない気がする。ただ、よい出来であったかと問われたら、言いづらい評価を述べることしか出来そうもない。


ヤンキー君とメガネちゃん』(主演:成宮寛貴)(TBS系)

   第五回途中でついに視聴終了


怪物くん』(主演:大野智)(日テレ系)

   最終回まで見はしたものの、退屈しながら、と言うべきであろう。筋書きに工夫がなさ過ぎた。脚本の出来が悪かったということだ。

   「悪魔界」の一員の扮装をした稲森いずみも頑張っていたがなぁ。残念賞。


チェイス〜国税査察官』(主演:江口洋介)(NHK総合)

   最終回までひきつけてくれた。

   最終回の暗闇の場面、台詞と共に表情も俳優の見せ場となるであろうに、画面が暗すぎて俳優の表情をしかと見て取れない(私がいまだに14型ブラウン管カラーテレビで見ているせいもあろうが)。ほとんど雑音と評して差し支えなかろう背景音楽にも閉口。

   最後に近い場面、江口洋介演ずる主役に、ARATA演ずる脱税犯の異変(致命傷となる傷を負っているのである)に気づかぬ振りをさせる妙ちくりんな演出。主役にそんな鈍さを割り振ってしまったら、物語が先に進まなくなる。物語の最後の場面だから関係ないってか。


新参者』(主演:阿部寛)(TBS系)

   思わせぶりも一二回であればまだしも、ついに最終回まで思わせぶりを続けられては、食傷も通り過ぎる。もう少し、工夫しなさいよ。

   楽しませてくれそうだったんだがなぁ。

   竜頭蛇尾の典型。最終的な印象は、お粗末、である。


IRIS〜アイリス〜』(主演:イ・ビョンホン)(TBS系)

   無駄な映像の多さに耐え切れず、ついに第四回途中で視聴放棄。テレビを見ることが時間を潰す唯一の手段であるような人人が山ほどいるところでこそ成立しそうなドラマ。映像のよさは認める。

   『月の恋人』も無駄な映像は多かった。《韓流》の影響か?

   第四回途中で視聴放棄


同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』(主演:黒木瞳)(テレ朝系)

   主役(黒木瞳)に、妻子ある男に全てを捨てさせるほどの魅力はなかった。

   この筋書きの物語をどう決着させるか、難題ではある。が、その難しさをよいことに、すべて曖昧なままお茶を濁したという印象。

   敢闘賞。


まっつぐ〜鎌倉河岸捕物控』(主演:橘慶太)(NHK総合)

   一応視聴継続中。


月の恋人』(主演:木村拓哉)(フジ系)

   第二回で視聴終了


離婚同居』(主演:阿部サダヲ)(NHK総合)

   初回で視聴終了第五号


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』(主演:伊藤淳史)(フジ系)

   これという印象が残らなかった。筋書きは呆けており、筋が通っていなかった。

臨場』(主演:内野聖陽)(テレ朝系)

   期待に応え、楽しませてくれた。

おみやさん』(主演:渡瀬恒彦)(テレ朝系)

   見なかった。

   新番組で最終回まで見続けたのは、『絶対零度〜未解決事件特命捜査』、『タンブリング』、『怪物くん』、『チェイス〜国税査察官』、『新参者』、『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群

   低水準の第二期。一等はなし。二等は『チェイス〜国税査察官』。三等に『絶対零度〜未解決事件特命捜査』と『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』。


(記 2010年7月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所