『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その二十の(2)(2010年1月〜3月のドラマ)

総括


龍馬伝』(主演:福山雅治)(NHK総合)

   第二回で見放そうという気にさせられ、第三回は見なかった。

   どういう訳か、第四回を見、以来見続けている。

   ただし、その二十の(1)(2010年1月〜3月のドラマ)で指摘したことは有効である。


咲くやこの花』(主演:成海璃子)(NHK総合)

   最終回まで見た。

   成海璃子には多分初の時代劇であったろうが、健闘したと評していい。相手役の若い男優は最後まで……。

   松坂慶子はいい味を出していた。


まっすぐな男』(主演:佐藤隆太)(フジ系)

   初回で視聴終了第一号


赤かぶ検事京都篇』(主演:中村梅雀)(TBS系)

   初回で視聴終了第二号


曲げられない女』(主演:菅野美穂)(日テレ系)

   主人公(菅野美穂)にはついに惹かれるものをまるで感じなかったが、その先行きには何とは無しに興味を引かれ、最終回まで見てしまった。そこら辺りにドラマ作りの要諦あり、だ。製作者よ、心せよ。

   脇役の働き大であった。特に、璃子(永作博美)と光輝(谷原章介)。いずれも好演。


宿命』(主演:北村一輝)(テレ朝系)

   実に中途半端な終わり方には、まとまりがない、という感想を抱かざるを得ない。続編を予定しているのかどうか私には知るよしもないが、さて続編ということになっても、どんな展開にしたらいいのやら、というところか。

   北村一輝の初主演ドラマとしてはようやっと合格点。甘いかも。


ヤマトナデシコ七変化』(主演:亀梨和也)(日テレ系)

   初回で視聴終了第三号


853〜刑事・加茂伸之介』(主演:寺脇康文)(テレ朝系)

   第二回を見て視聴終了


エンゼルバンク』(主演:長谷川京子)(テレ朝系)

   実質的に初回で視聴終了第四号


不毛地帯』(主演:唐沢寿明)(フジ系)

   初回と第二回を見て「帝国軍隊の軍人の美化が目論見であるのか」という印象を述べたが、最終回まで見ても、その印象は変わることがなかった。

   製作に多少の苦労はあったろうに(相当な金も使ったであろうに)、虚しい。


君たちに明日はない』(主演:坂口憲二)(NHK総合)

   初回で視聴終了第五号


泣かないと決めた日』(主演:榮倉奈々)(フジ系)

   初回で視聴終了第六号


特上カバチ!!』(主演:桜井翔)(TBS系)

   実質的に初回で視聴終了第七号


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

サラリーマン金太郎』(主演:永井大)(テレ朝系)

   何となく最終回まで見てしまった。それだけでも大したものだ。作り手の勝ちだ。

   『逃亡者おりん』評(『TVドラマ寸評』その七の(1)(2006年10月〜12月のドラマ)参照)では主役の青山倫子に苦言を呈しはしたが、その青山、『サラリーマン金太郎』ではいい味を出していた。

   何でもいいから出ればいいってもんじゃないのである。

ハンチョウ〜神南署安積班』(主演:佐々木蔵之助)(TBS系)と『コードブルー―ドクターヘリ緊急救命』(主演:山下智久)(フジ系)は無視。

相棒』(主演:水谷豊)(テレ朝系)

   今シリーズも十分に楽しませていただいた。感謝。

左目探偵EYE』(主演:山田涼介)(日テレ系)

   初回で視聴終了

ブラッディ・マンデイ』(主演:三浦春馬)(TBS系)

   先のシリーズと同様、首尾よく終われなかった。無駄な映像を垂れ流す時間も多く、工夫の余地大。

   展開を楽しみに最終回まで見続けたが、がっかり。大胆になれないのが致命的。

   新番組で最終回まで見続けたのは、『咲くやこの花』、『曲げられない女』、『宿命』。昨年から続いている『不毛地帯』も最終回まで見た。

   極め付きの不作の第一四半期。一等、二等はなし。三等に『咲くやこの花』と『曲げられない女』。


(記 2010年4月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所