『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その二十の(1)(2010年1月〜3月のドラマ)

初回〜第二回


龍馬伝』(主演:福山雅治)(NHK総合)

   まず初回の演出について。

   上士は下士をあれほど露骨に犬猫に等しい扱いをすることはなかったはずだ。あのような扱いが常態であったとしたら、下士には学問も剣術も許されてはならなかったであろう。でなくては、秩序を保ち得なかったであろう。

   上士と下士の身分格差を表現するのにあまりに性急、と評せば穏やか過ぎる物言いになる。描き方がお粗末と評する方が適切であろう。犬猫に等しい扱いをするのであれば、彼等犬猫には知識も武器も与えてはならぬ。支配、即ち統治ののイロハだ。

   第二回について。

   普請の監督を命じられた龍馬のせっかちなこと。 早速百姓のご機嫌取りに取り掛かり、あっさり百姓に無視されたかと思えば、程なく、百姓たちは龍馬の真剣さにほだされ労役に精を出すという安直。

   第二回で見放そうという気にさせられた。


咲くやこの花』(主演:成海璃子)(NHK総合)

   成海璃子の健闘を祈りたい。それにしても主人公と絡む若い男優、まぁ、何とお粗末なこと、その演技。

   視聴継続。


まっすぐな男』(主演:佐藤隆太)(フジ系)

   十分間見て視聴放棄。 お好きにどうぞ、って感じ。

   初回で視聴終了第一号


赤かぶ検事京都篇』(主演:中村梅雀)(TBS系)

   十五分ほど見て退屈。見放そうとも思ったが、大向こうをうならせるような大団円が待っているのかも、という淡い期待を抱いて最後まで視聴。

   一口食べてまずいと感じたラーメンを我慢して最後まで食べ切ったあとの不快感、そして先に立つはずもなき、ちょっぴり後悔。

   初回で視聴終了第二号


曲げられない女』(主演:菅野美穂)(日テレ系)

   主人公のぶすん面を冷たい視線で眺めつつ、いつどこで視聴放棄しようかと思案しながらも、初回、とうとう最後まで見てしまった。

   第二回も見て、視聴継続。


宿命』(主演:北村一輝)(テレ朝系)

   北村一輝の初主演ドラマが、小さな幸せを夢見てこつこつ働くまじめ男を主人公とするものであるはずもなかろうから、旧弊な野心満々男の物語であるのも致し方あるまい。

   第二回を見ての感想。少々無駄な場面が多い。

   視聴継続。


ヤマトナデシコ七変化』(主演:亀梨和也)(日テレ系)

   三分間見て視聴放棄。お呼びでなかった。

   番組名に「子供向け」って表示してくれよ。

   初回で視聴終了第三号


853〜刑事・加茂伸之介』(主演:寺脇康文)(テレ朝系)

   まあ、こんなものかって感じ。この暑苦しさに説教臭さが加わったらおしまいだな。そうならぬことを祈る。

   第二回の最後の場面では恐れていたお説教がちらっと登場した。「過去の罪は……」

   第二回まで見て満腹。杉下右京の頭の緻密さと『相棒』の脚本の緻密さが釣り合うのと同じように、亀山薫の頭の粗雑さと釣り合いを取ったかの如き、この脚本の粗雑。

   第二回を見て視聴終了


エンゼルバンク』(主演:長谷川京子)(テレ朝系)

   初回は如何な手違いか、録画漏れ。

   第二回は十一分間ほど見たところで視聴放棄。長谷川京子の先行きに全く関心が持てず、演技にもその姿にも魅力を感じない。酷いねぇ。歳月。誰の眼にも見て取れることをここでは言うまい。

   実質的に初回で視聴終了第四号


不毛地帯』(主演:唐沢寿明)(フジ系)

   帝国軍隊の軍人の美化が目論見であるのか。

   お手並み拝見。


君たちに明日はない』(主演:坂口憲二)(NHK総合)

   十三分間見て視聴放棄。

   『咲くやこの花』は続けてみようという気にさせてくれたがこのドラマは視聴放棄を誘った。『咲くやこの花』も『君たちに明日はない』もいまだ格別の物語が始まってはいないという点では大差ないのである。何が違ったのか。主人公への興味の違いである。『君たちに明日はない』の主人公がどうなるか、全く興味がわかなかった。『咲くやこの花』の主人公の先行きは大いに気になるし、興味津津であったのである。

   初回で視聴終了第五号


泣かないと決めた日』(主演:榮倉奈々)(フジ系)

   二十分ほど見て視聴放棄。主人公に私を惹きつけるところなく、従ってその先行きにも興味がわかない。

   初回で視聴終了第六号


特上カバチ!!』(主演:桜井翔)(TBS系)

   初回は手違いにより録画漏れ。

   第二回を数分見て、視聴放棄。実質的に初回で視聴終了第七号

   常盤貴子と深津絵里の出演した『カバチタレ』(折々のコラム、「輝くために必要なもの―水野美紀の場合参照)と関係あるのか調べてみると、『特上カバチ!!─カバチタレ!2─』とある。『カバチタレ』はそこそこ楽しませてくれたのだが。


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

サラリーマン金太郎』(主演:永井大)(テレ朝系)

   何となく見続けている。どうかお説教だけはしてくれるなよ、と祈りながら。

   青山倫子のありえないほど短い丈のスカートが実にいい。スカートをはいている本人もいい。

ハンチョウ〜神南署安積班』(主演:佐々木蔵之助)(TBS系)と『コードブルー―ドクターヘリ緊急救命』(主演:山下智久)(フジ系)は無視。前シリーズですでに見放したがゆえである。前者は甘たるく説教臭く、後者は小便臭い。

相棒』(主演:水谷豊)(テレ朝系)

   初回拡大版、『相棒』でなかったら冒頭の五分ほどで見放したかもしれない。「せっかく」も「わざわざ」もなし:今更ながら、テレビドラマ制作関係者の方々への忠言で述べたことの繰り返しになるが、(必要とあらば)視聴者に忍耐を要求できそうなテレビドラマの代表が『相棒』シリーズなのである。

   楽しみに視聴させていただく。

左目探偵EYE』(主演:山田涼介)(日テレ系)

   第一シリーズも初回で視聴放棄。今回も二十分ほど粘ってみはしたものの、坊やの活躍を見守りたいという気に格別なることなく、初回で視聴放棄。繰り返しになるが、「子供向け」と表示してくれ。

ブラッディ・マンデイ』(主演:三浦春馬)(TBS系)

   見応え十分。

   楽しませていただく。




(記 2010年2月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所