『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その十九の(1)(2009年10月〜12月のドラマ)

総評


チャレンジド』(主演:佐々木蔵之助)(NHK総合)

   学校モノに関心はないので、失礼とは思いつつも、無視。


JIN―仁―』(主演:大沢たかお)(TBS系)

   尻切れトンボで宙ぶらりんだとだいぶ評判の悪い最終回であったが、私は普通に最終回を見終えた。斯かる奇天烈な物語をそうそううまいことを終えられるわけもないんだから、あまりうるさい注文を出す方が無理というものである。

   登場人物の一人一人が生き生きと活躍した。もちろん武家娘綾瀬はるかも。


オトメン』(主演:岡田将生)(フジ朝系)

   初回で視聴終了第一号


リアル・クローズ』(主演:香里奈)(フジ系)

   初回で視聴終了第二号


ギネ〜産婦人科の女たち』(主演:藤原紀香)(日テレ系)

   藤原紀香に新境地開けるか、と注目していたが、激情を押えられない熱血の、立派な藪医者候補をお粗末に演じていた。新境地開けず。松下由紀主演でもよかった。

   ついにはブスに見えてきた藤原紀香。要するに格好悪かった。颯爽としていない登場人物を演じると、どうしてもそうなる。『ER』にはもっと格好いい女性医師がぞろぞろ登場するんだがなぁ。


ROMES / 空港防御システム』(主演:大倉忠義)(NHK総合)

   初回で視聴終了第三号


アンタッチャブル』(主演:仲間由紀恵)(テレ朝系)

   初回で視聴終了第四号


不毛地帯』(主演:唐沢寿明)(フジ系)

   気取りが見えてならぬ。つまり、うそっぽさが透けて見えるのである。

   胡散臭さを感じながら視聴継続中。


行列48時間』(主演:國村隼)(NHK総合)

   初回で視聴終了第五号


おひとりさま』(主演:観月ありさ)(TBS系)

   初回で視聴終了第六号


小公女セイラ』(主演:志田未来)(TBS系)

   見たいという気が起こらず。申し訳ないが無視。


サムライ・ハイスクール』(主演:三浦春馬)(日テレ系)

   初回で視聴終了第七号


東京DOGS』(主演:小栗旬)(フジ系)

   初回で視聴終了第八号


浅見光彦〜最終章』(主演:沢村一樹)(TBS系)

   我ながら驚いたことに最終回まで見続けた。改めて気づいたのは、『浅見光彦シリーズ』の殆どは一時間ドラマに収まるし、その方がよさそうだということ。今更の感がせぬでもないが。


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

オトコマエ!2』(主演:福士誠治)(NHK総合)

   第六回くらいで視聴放棄。作りが粗い。残念である。

相棒』(主演:水谷豊)(テレ朝系)

   楽しく視聴継続中。

交渉人』(主演:米倉涼子)(テレ朝系)

   最終回まで楽しく拝見。劇場版を作るくらいだから、やっぱり、製作者側にもリキが入っているんだろうな。まっ、すべての番組にリキを入れてってわけにはいかないんだろうから、『アンタッチャブル』が手抜きであっても致し方ないか。

次の番組を追加。

深夜食堂』(主演:小林薫)(TBS系)

   拾いもの。一回完結であれ、連続ものであれ、30分あれば、いや30分にまとめる方が良質のドラマに仕上がるはずだと思わせてくれた。諸般の事情でそうは行かぬのであろうが。諸般の事情、即ち「カネ儲けの都合」。

   「はるばる来たぜ函館へ」と実に粋な節回しで歌っているのは誰かと思いきや、あがた森魚であった。 北島三郎の歌う「函館の女」より遥かによかった。

   新番組で最終回まで見続けたのは、『JIN―仁―』、『ギネ〜産婦人科の女たち』、『浅見光彦〜最終章』のみ。

   第一等は『JIN―仁―』だろうな。二等、三等の該当作なし。『ギネ〜産婦人科の女たち』、『浅見光彦〜最終章』は敢闘賞。


(記 2010年1月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所