『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その十八の(1)(2009年7月〜9月のドラマ)

初回〜第二回


橋田寿賀子ドラマとなりの芝生』(主演:瀬戸朝香)(TBS系)

   見る気がしないので無視。


コールセンターの恋人』(主演:小泉孝太郎)(テレ朝系)

   初回の無駄の無い軽快な展開は全く予想外だった。期待してはいなかったのだが、拾い物になるかもしれない。

   視聴継続。


官僚たちの夏』(主演:佐藤浩一)(TBS系)

   なるほど、金のかかっていることは一目瞭然ではあるが、はて、値するのであろうか。

   一応お手並み拝見。視聴継続。


恋して悪魔』(主演:中山優馬)(フジ系)

   二十分間見た。主役にほとんど台詞が無いのもむべなるかな。少々見てくれのいい、演技の出来ない子供を主役に当てれば何とかなると踏む浅はかは、「人気があるように見えた」東国原を担ぎ出さんという奇策と同様、落ちも落ちたり。

   初回で視聴終了第一号


赤鼻のセンセイ』(主演:大泉洋)(日テレ系)

   十分間見て視聴放棄。この主役、ドラマの中で滑り、ドラマとしても滑り、で、予想に違わずなんだから始末に悪い。はい、ご苦労さん太郎。

   初回で視聴終了第二号


ダンディ・ダディ』(主演:舘ひろし)(テレ朝系)

   十数分見て、何となくそれ以上見る気がしなくなったのは、ひょっとしたら舘ひろしの娘役が私にはまったく愛らしく見えなかったせいかもしれない。他にも若く愛らしい女優はいくらでもいるだろうに。

   初回で視聴終了第三号


任侠ヘルパー』(主演:草なぎ剛)(フジ系)

   着想も、展開も、主役の演技も、出演者の顔ぶれも上々。手間隙金、おまけに頭も使っていることがよく分かるドラマ。楽しめそうである。

   視聴継続。


ブザー・ビート』(主演:山下智久)(フジ系)

   バスケには(無論山下智久にも)からっきし関心のない私には、バスケの試合もどきの場面を延々と見せられても、つまんない、としか言いようがない。十分ほど見て視聴放棄。どうにも工夫が無いねぇ。

   初回で視聴終了第四号


華麗なるスパイ』(主演:長瀬智也に深田恭子)(日テレ系)

   初回拡大版をかろうじて見終えはしたものの、しみじみ、安普請。

   第二回も、他の番組を見ながらときどき見た。どうでもいいドラマ、というのが結論。見所は次々に衣装を変えて登場する深田恭子。

   たぶん第二回で視聴終了


オルトロスの犬』(主演:滝沢秀明)(TBS系)

   滝沢秀明と錦戸亮のからみ、どう見ても学芸会のお遊戯の水準。特に長台詞のある滝沢の演技力の底が知れた。以前もどこかで述べた感想だが、二三十年後を期待しよう。やさしい評であること。

   私が贔屓にしている水川あさみには、刑事役を、十年後、せめて巡査部長の年齢になってから演じて欲しかった。現状はおこちゃまの刑事ごっこだ。

   ずいぶん頭をひねった末の初回の演出であったのであろうが、支離滅裂。TBSにいる演出家の手には余る仕事だ。かなり以前から繰り返し述べていること――TBSに人はいない。

   そろいもそろって青い俳優ばかりそろえたTBSの間抜けさにはあきれるばかり。

   初回で視聴終了第五号


こちら葛飾区亀有公園前派出所』(主演:香取慎吾)(TBS系)

   初回を見て、違うなぁ。

   『Mr. Brain』(主演:木村拓哉)(TBS系)の場合、木村拓哉一人いれば事足りたが、このドラマの場合、香取慎吾に主役は務まりがたい。主役に適材を配せぬTBSに改めてそのドラマ制作能力の不足(正確には払底)を感ずる。

   初回で視聴終了第六号


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

新・警視庁捜査一課9係』(主演:渡瀬恒彦)(テレ朝系)

   先のシリーズでは、注目すべきことに、捜査一課9係の面々が一人一人動き出した。一人一人が主役であるかの如き様を呈し始めたのである。稀な、しかも祝福すべき現象である。

   今シリーズもせめて「中出来」であることを願う。

科捜研の女』(主演:沢口靖子)(テレ朝系)

   初回の二時間スペシャル、15分ほど見て視聴放棄。緩い出来だねぇ。

   見続けるかは未定。

リミット〜刑事の現場2』(主演:森山未来)(NHK総合)

   驚いた。脚本は誰の筆になるものかと調べると、遊川和彦。「遊川和彦」を調べると、『女王の教室』(2005年、日本テレビ)はこの人の脚本であった。

   この上々の脚本に、武田鉄矢のあの熱苦しい演技が相応しいか、評価を迷うところがある。熱血刑事、結局のところ、いい人刑事、そんな落ちが待っているとしたら、興醒めということになるだろうな。

当然、視聴継続。




(記 2009年8月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所