『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その十六の(2)(2009年1月〜3月のドラマ)

総括


必殺仕事人』(主演:東山紀之)(テレ朝系)

   栄誉の、初回で視聴終了第一号


天地人』(主演:妻夫木聡)(NHK総合)

   絵に描いたような色男にして、絵に描いたような大根役者。が幸いにも、男の俳優は時間を与えられている。三十年後には人をうならせる演技をしてくれるかもしれない。

   大根役者であることは同じでも、悲しいかな、気の毒なことに、演技を磨く時間を与えられていない女優、相武紗季。

   視聴継続。


トライアングル』(主演:江口洋介)(フジ系)

   最終回まで見た。

   連続物のテレビドラマミステリーとしては、これ位が限界であろうか、とも思わせる出来具合。悪くなかった。

   小日向文世はいい味を出していた。稲垣吾郎は苦しかった。稲垣吾郎の役、他の誰かでもよかったんじゃない、と思えてしまうからなぁ。


Q.E.D.』(主演:高橋愛)(NHK総合)

   何となく無視。


ありふれた奇跡』(主演:仲間由紀恵)(フジ系)

   初回で視聴終了第二号


浪花の華・緒方洪庵事件帳』(主演:窪田正孝)(NHK総合)

   初回で視聴終了第三号


ヴォイス・命なき者の声』(主演:瑛太)(フジ系)

   最終回まで見た。

   やや尻つぼみの感は否めないものの、そこそこの仕上がり具合だった。


メイちゃんの執事』(主演:水嶋ヒロ)(フジ系)

   初回で視聴終了第四号


神の雫』(主演:亀梨和也)(日テレ系)

   出だしはよさそうな感じがしたんだが……。

   毎回《同じような》、ならぬ、毎回《同じ》物語展開とは恐れ入った。

   第五回かそこらの途中で視聴放棄

   それにしても、なんで亀梨和也なんだろうなぁ。


ラブシャッフル』(主演:玉木宏)(TBS系)

   初回を見逃した上に、更に一回分を録画不具合のために見逃したにもかかわらず、興味津々のまま最終回を見終えた。

   近頃、好いた惚れたにはとんと関心の薄れた私にも、このドラマで展開される若者たちの恋愛ごっこは十分に興味深かった。脚本家の手柄である。


本日も晴れ。異状なし』(主演:坂口憲二)(TBS系)

   初回で視聴終了第五号


銭ゲバ』(主演:松山健一)(日テレ系)

   初回で視聴終了第六号


RESCUE・特別高度救助隊』(主演:中丸雄一)(TBS系)

   初回で視聴終了第七号


キイナ・不可能犯罪捜査官』(主演:菅野美穂)(日テレ系)

   最終回まで見続けはしたものの、物足りない思いがたっぷり残った。

   なんで菅野美穂なんだろうなぁ、という思いが一つ、取り上げられた不思議犯罪に目新しさがなかったことがもう一つ。

   沢村一樹、カッコマンを気持ちよさそうに演じていたねぇ。悪くなかった。


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

相棒』(主演:水谷豊)(テレ朝系)

   テレビドラマとしては文句のつけようはあるまい。新しい相棒が本格的に登場する次期を楽しみにするとしよう。

   第一等は断然『ラブシャッフル』、二等は『トライアングル』、三等は『ヴォイス・命なき者の声』。何と、またTBSが入った。


(記 2009年3月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所