『TVドラマ寸評』 (野島明) 
『TVドラマ寸評』の目次頁

その十六の(1)(2009年1月〜3月のドラマ)

初回〜第二回


必殺仕事人』(主演:東山紀之)(テレ朝系)

   『必殺仕事人スペシャル』、水川あさみを殺しまでしたのに、もう少し何とかならなかったんでしょうか、テレ朝さん。下手に水増しなどせず、一時間枠に収めていれば……。後の祭りだな。

   初回もがんがん早送り。

   第二回は録画したものの、ビデオ機器の不具合で、テープをうまく取り出せず、ついにテープを切ってしまった。 見続けるかどうかは未定。

   結果としては、栄誉の、初回で視聴終了第一号


天地人』(主演:妻夫木聡)(NHK総合)

   大河ドラマの主人公としては無名に分類される人物を主役に据えたにしては、手際よくまとまった初回。お手並み拝見である。

   上杉景勝の子供時代を演ずる子役、妖しい。稀有の感想である。

   視聴継続。


トライアングル』(主演:江口洋介)(フジ系)

   最初の数分で視聴放棄したところだ。もし、冒頭から主役が登場していなかったら。

   冒頭から主役を登場させる、がドラマ作りの基本であることを改めて教えてくれる初回。

   謎の出し方は悪くない。見るものの関心を十分に引いたはずだ。

   視聴継続。


Q.E.D.』(主演:高橋愛)(NHK総合)

   何となく無視。


ありふれた奇跡』(主演:仲間由紀恵)(フジ系)

   大御所の脚本ではあるが、10分間見て視聴放棄。無駄な映像が多すぎる上に、10分経っても何も始まらない。

   初回で視聴終了第二号


浪花の華・緒方洪庵事件帳』(主演:窪田正孝)(NHK総合)

   10分弱見て視聴放棄。全体的に《力》がない。物語の展開にも主人公にも。

   初回で視聴終了第三号


ヴォイス・命なき者の声』(主演:瑛太)(フジ系)

   出だし、展開、終わり方、非の打ち所がないという上場の出来上がり。主演の瑛太は幸運。

   視聴継続


メイちゃんの執事』(主演:水嶋ヒロ)(フジ系)

   9分弱ほど見て視聴放棄。いい大人の私が見続けることを作り手は想定していようはずもない。順当。

   初回で視聴終了第四号


神の雫』(主演:亀梨和也)(日テレ系)

   原作がしっかりしているんだろうな。しかし、なんで亀梨和也なんだ。主役は誰だって構わぬ、なんてことあるはずもないんだが。

   拾いものは主人公の相手役を務める仲里依紗(っていうんだろうな、あの女優)。豊かな表情の演技は見ていて楽しい。

   視聴継続


ラブシャッフル』(主演:玉木宏)(フジ系)

   録画装置の不具合で初回のテープを切ってしまった。

   第二回から見始めた。面白いじゃないか、という感想。

   視聴継続


本日も晴れ。異状なし』(主演:坂口憲二)(TBS系)

   何の異状もなさそうで、面白くなさそうだから、はやばやと見るのを止めた。10分ほどは見ただろうか。はい、ご苦労さん。いかにもTBSという《無力作》。

   初回で視聴終了第五号


銭ゲバ』(主演:松山健一)(日テレ系)

   予想通り。12分ほど見て視聴放棄。現実に遥かに追い越されてしまっていた。現実に追いつけるほどの能力の持ち主がいまどきの商業テレビ界にいようはずもない。

   初回で視聴終了第六号


RESCUE・特別高度救助隊』(主演:中丸雄一)(TBS系)

   冒頭の10分ほどを録画しそこない、録画した部分の初めの78分を見ただけである。要するに最初から大して期待していなかったから真剣には見ていない。その上での印象――2時間枠ではなく45分枠に収めていたら、少しは見るに耐えるものに仕上がったかもしれないな。無駄が多すぎる。作り手の能力に疑問を抱かざるを得ないが、なにせ、TBSだ。期待するほうが無理である(これまでの『TVドラマ寸評』参照)。

   今期(も)、TBSは《大不活躍》である。

   お子ちゃまたちの消防士ごっこであろうという予断は当たっていた。

   初回で視聴終了第七号


キイナ・不可能犯罪捜査官』(主演:菅野美穂)(日テレ系)

   面白い題材を選んでいるにもかかわらず、さほど面白くなかった。演出もお粗末、主役も不似合い。一応、初回は見終えはした。惜しい。

   なんで菅野美穂なんだろうなぁ、と思案しつつも、この手の知的作業に携わる主役を演じるにふさわしい女優は果たしているのだろうかと思い巡らし、首を捻挫するほどひねって、ついに思いつかない。

   視聴継続。この手の話を私は大いに好んでいる。


   シリーズものについては特に思うところあるものについてのみ触れる。

特命係長・只野仁 シーズン4突入スペシャル』(主演:高橋克典)(テレ朝系)

   「シーズン4突入」と言うからには、シーズン1、シーズン2、シーズン3があったということになる。これまで見たことはなかった。見なくて当然、と思わせる出来のスペシャル。早送りに次ぐ早送り。

   初回も早送りして見終えた。

   初回で視聴終了第八号

おみやさん』(主演:渡瀬恒彦)(テレ朝系)

   何かの拍子に見るかも知れんが、基本的に無視。説教聴かされてもなぁ。

相棒』(主演:水谷豊)(テレ朝系)

   相棒のいなくなった『相棒』だが、期待に応え続けている。テレ朝の精力・能力の殆どはこの番組に費やされているとしか思えない。『特命係長・只野仁』、『必殺仕事人』のお粗末さを見るにつけ。

   『刑事の現場』(NHK総合)と『幻十郎必殺剣』(テレ東系)と、稼ぎ時の時間帯に再放送が目立つのは、経費節減ということか。単なるものぐさか。


(記 2009年2月)





表紙頁に戻る
 
© Copyright DIGBOOK.COM
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)

  協力:野島明事務所