悼 アンディ・フグ(野島明)


この頁の末尾

おおぞらに輝く星となるには

アンディ・フグに

君くらい駆け足で走りつづけなければ

止まることがその身を砕きかねない衝撃となるほどの

不安にやがて耐え切れないと叫びが洩れるほどの

積もり積もった加速がなかったならば

翔け上がってなおも着地を望む心は

地上のどこかに置き忘れて飛び立たなかったら

宙にまで至りつい

輝く星とはなれない


記 2000年8月28日
この頁の先頭

「折々のコラム」の目次頁に戻る  /   表紙頁に戻る

© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)