(続)折々のコラム(野島明)
「(続)折々のコラム」の目次頁に戻る

この頁の末尾

dead-end background

   "a dead-end job"という言葉に引っかかるものを感じ、"dead-end"『現代英語力標準用例集』に採録した(注1)"a dead-end job"には「夢も希望もない仕事」という無難な日本語を充てたが、"dead-end"という語がまず私に連想させたのは「どん詰まりの」という日本語であった。

   畠山鈴香容疑者がこれまで従事した「ホテルの仲居」「葬儀店」「釣具店やパチンコ店」店員(注2)"a dead-end job"に分類できるかどうかはともかく、こうした仕事を「夢や希望にあふれた」仕事に分類することが難しいのは、自余の多々の(特に低賃金)賃労働職の場合と同じであろう。

   "dead-end"はさらに私に"dead-end background"という言葉を想起させた。畠山容疑者関連記事(注2)を読んでのことだと言わねばなるまい(記事の内容を具体的に紹介する気には到底なれない)。この言葉に相当する無難な日本語は「袋小路の環境」であろうが、私の頭の中では「どん詰まりの生まれ育ち」という日本語が執念く渦巻き続けている。

   畠山容疑者の生まれ育った環境を"dead-end"と評せるかどうか、大報道媒体の垂れ流す種々の《情報》(さほど当てにすべきものではないと自らに言い聞かせている)を専らの情報源としている私には判断のしようもない。

   しかし、「どん詰まりの生まれ育ち」は空想世界にのみ存するものでないらしいことは、例えば、Dark Ghettoの著者Kenneth B. Clarkを取り上げた千百語強ほどの短い時論No Holiday From Tragedy (By Colbert I. King)(注3)に目を通すだけで容易に思い知らされるのである。

*

   さてもさても、他人事ならぬ"dead-end daily life"にはどんな日本語を充てたらいいものやら。


記 〇六年六月七日(水)

(注1)
『現代英語力標準用例集』 「形容詞」の項参照。

ある辞書には、「行き止まりの; 発展性[将来性]のない, 先の知れた〈仕事など〉; 《口》 貧民街の, 貧民生活の, 夢も希望も失った, やけっぱちの, 無法な.」[株式会社研究社 リーダーズ+プラスV2]とある。

(注2)
職を転々、破産、「子ども嫌い」…秋田事件の畠山容疑者(asahi.com/、2006年06月05日01時47分)

日替弁当”秋田鬼母、男と動機…ふしだらな行動 彩香ちゃん追い出し部屋に男連れ込む…(ZAKZAK 2006/06/05)

(注3)
No Holiday From Tragedy (By Colbert I. King, Washington Post.com, Saturday, May 7, 2005; A17)
Dark Ghetto
については次のような一文がある。

「1965年に出版された"Dark Ghetto"は、黒人社会で作用している悲劇的にして酸酷で破壊的な諸力を大胆に伝えた。」[Published in 1965, "Dark Ghetto" spoke courageously about the tragic, cruel and destructive forces at work in the black community.]


この頁の先頭

「折々のコラム」の目次頁に戻る  /   「(続)折々のコラム」の目次頁に戻る     

表紙頁に戻る

© Copyright Nojima Akira
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)