予備校講師の閑談
英語講師・横井順

「閑談」の目次に戻る

「センター試験、英語」のヒアリング対策の王道を紹介しよう!


  文部省は、2003年度にセンター試験の英語でヒアリング試験を導入するため、来年度から検討を始める方針(『読売新聞』9月20日朝刊)。

  『センター試験・英語・ヒアリング対策』といった類の参考書(CDやMD付きだ)が書店に並んだ光景が目に浮かぶ。それに飛びつく受験生も少なくないかもしれない。目端が利く出版社や著者の思うつぼだ、と言いたいところだが、昨今活字の詰まった参考書の売れ行きは芳しくない。売れても読まれることは少ない。

  学習には王道があり、ヒアリング対策にも王道がある。その王道を紹介しよう。必要なのはわずかなお金と時間、それと少なからぬ忍耐である。

  「NHK英語ラジオ講座」を聴こう。費用は一ヶ月350円ほどのテキスト代だけ、基礎英語なら一日十五分を割けば足りる。予習復習は無用。基礎英語の場合、週6日の放送だが、同じ内容が週二回放送されるから、毎日聴いていれば自然と予習と復習ができる。

  「基礎英語(1から3まである)」、「英会話入門」、「英会話」、(英語に少し自信のある人には「やさしいビジネス英語」もお勧めだ)、この中から、各自の学力・ヒアリング力に応じた講座を選択して、とにかく聴き続けることだ。誰でも手軽に始められるが、聴き続けることは容易ではない。しかし、速い(時間がかからない)、安い、うまい(効果的)の三拍子そろった学習法なのだから、これを利用しない手はない。

  4月開講ではあっても、いつから(今日から)始めてもいい。たまには(週に一度くらいは)サボってもいい。聴き続けることだ。その上、このラジオ講座はヒアリング対策にとどまらない。最良の英語学習法の一つでもある。《善は急げ》だ。


記 99年10月16日
この頁の先頭

「閑談」の目次に戻る  /  top pageに戻る

All Original Material and HTML Coding Copyright © digbook.com. All Rights Reserved.

(許可なく複製・転載することを固く禁じます)