予備校講師の閑談
英語講師・横井順

「閑談」の目次に戻る

It doesn't mean anything.


  名高いコラムニストArt Buchwaldのコラム"Teen Angle"Los Angeles Times Syndicate Thursday, August 19, 1999に見る二人の十代の若者の会話である。

One said to the other, "Did you hear what they both said? They said, 'Good morning.' "

The other girl replied, "My parents always say 'Good morning.' It doesn't mean anything."

"But if we answered them it would start a conversation."

"Don't answer and they will know we don't want to talk."

"I'm hungry."

"We can eat without saying anything. They have to feed us. It's the law."

  Buchwaldの創作かもしれないと思わせる出来の良さだが、いかにも、という会話である。この世の終わりの朝にもきっと交わすことになる"Good morning."なのだから、この言葉に格別の《意味》はなく、一定の《働き》しかない。若者二人の交わす会話に格別の《意味》はなく、一定の《働き》しかないのと同じである。しかも、彼女たちは気付いていまいが、いずれの《働き》もほぼ等価である。

  狭苦しい押入に閉じこもっている彼女たち("We can eat without saying anything. They have to feed us. It's the law.")にはポルフィーリがラスコーリニコフに向けた言葉を贈ろう。

"What you need now is fresh air, fresh air, fresh air!"
(translated by Constance Garnett)


記 99年8月21日
この頁の先頭

「閑談」の目次に戻る  /  top pageに戻る

All Original Material and HTML Coding Copyright © digbook.com. All Rights Reserved.

(許可なく複製・転載することを固く禁じます)