予備校講師の閑談
英語講師・横井順

「閑談」の目次に戻る

ショウリャクとリャクショウ

  省略しても理解に差し支えない場合に省略が可能になる、教室でそんな話しをした。例えば次の文。

fatigued individuals blink more often than when they are rested. We blink more if upset.

人は疲れていると、休息状態にある時より頻繁に瞬きをする。気が動転すると瞬きの頻度はさらに高まる。

  省略されている要素を次のように推測することは可能なのである。
We blink more (often) if upset (than when fatigued).
  国民体育大会のことなのか、国家体制のことなのか、『海ゆかば』が背景音楽として聞こえてきそうな国体のことなのか、後になってその言葉遣いの真意を説明することが必要になるほど国語の運用に難のある人物には、分相応の役回りがある。

  そう、日共は国体を様変わりさせるかもしれない。

  さて、 国体がどうなろうと、私にはどうでもいい。


記 2000年6月12日
この頁の先頭

「閑談」の目次に戻る  /  top pageに戻る

All Original Material and HTML Coding Copyright © digbook.com. All Rights Reserved.

(許可なく複製・転載することを固く禁じます)